文化浴ポイント京都編

 

文化財の名称:廬山寺 感の庭

文化財の種類:記念物 名勝

所在地:京都市上京区北之辺町397

アクセス:京阪出町柳駅から徒歩15分 市バス府立病院前から徒歩5分

世界で最も古い長編小説・女流作家、紫式部。
幼い頃はお勉強好きだったそうな。漢文は兄よりも理解が早く、父為時は式部が男だったら…と嘆いたとか。

結婚、出産を経て未亡人になった式部が始めたこと、それが「源氏物語」の執筆でした。

面白い小説を書いている女性がいはりますえ〜。そんな噂が広がり、時の権力者藤原道長の娘であり、一条天皇の妃彰子に仕えることとなり、その間も源氏物語を書き続けた紫式部。

そんな人生の大半を暮らした場所がここ、廬山寺。当時の建物や庭は跡形もなく、今の佇まいは後年のものですが、鴨川西岸、内裏の東中河の地の空気感の中に表現された平安朝の「感」を表現した庭園は6〜9月に桔梗が静かに咲きます。

滞在時間の目安:30分

 
 

【目から桔梗の夏涼み】

-こんな時に訪れてみよう!- (ゆるりと過ごしたい)

目から涼。まさにそんなヒトトキを過ごせる場所。
普段からこの空間は静かで好きなのですが、やはりこの庭はこの時期が一年で最も生き生き映えています。

避けても避けきれない真夏の太陽を浴びて・・・蘆山寺に到着。

縁側の陰に身を置き、ホッと一息。目には陽の光を浴びた白砂がキラキラ輝いて差し込んできます。スクッと太陽に向かって咲く桔梗の紫、やわらかな苔が優しくそっと目に沁み込んできます。

陰に身を置き、陽を眺める。
とても贅沢な気がします。ゆ~~っくりと縁側で執事の方のお話を伺っていたら、すっかり汗が引きました。

訪問日時:2017年7月21日 記:ともえ

 
 

文化財の名称:神泉苑 法成橋

文化財の種類:建造物文化財 寺院

所在地:京都市中京区御池通神泉苑町東入る門前町166

アクセス:京都市営地下鉄二条城前駅より徒歩約3分

神泉苑の中、善女龍王社の隣にかかる朱色の丸橋。

824年大干ばつが起こり、東寺の空海と西寺の守敏が神泉苑で雨乞い祈祷を行いました。
守敏は少ししか降らせられなかったのに対し、空海は祈祷によって北インドから善女龍王という龍神を呼び寄せ、見事大雨を降らせたと伝えられています。
その空海の法力にちなんだ法成就池。その池にかかるのが法成橋です。

またそののち、雨乞いのために舞を奉納していた静御前を見初めた義経。その出逢いの場所とも言われています。
ひとつだけ願い事を念じながら橋を渡り、善女龍王社へ詣ると願いが叶うとされているパワースポットでもあります。

滞在時間の目安:10分

 
 

【ねがいごとひとつ、朱の丸橋に】

-こんな時に訪れてみよう!- (ゆるりと過ごしたい)

法成就池にかかる法成橋。
神泉苑に入ると真っ先に目に止まります。
優雅なカーブの形をした橋です。

空海の雨乞い、空海が呼び寄せたとされる善女龍王が神泉苑に住まわれているという話、義経と静御前の出逢いの場所であること、祇園祭発祥の地であること・・・と目白押しの由縁に、ワクワクしました。
由縁を知ると、その時代へ思いを馳せて、さらにお寺や神社巡りか楽しくなります。

ねがいごとはひとつだけ。
ひとつ・・・何を願おうか考える間に、鳩が橋をてくてく歩いては止まり佇んでいました。
その鳩の姿を眺めていると、平和だなぁ、穏やかだなぁとほっこり和んで、結局は願い事を念じずに橋を渡ってしまったのでした。

訪問日時:2017年6月18日 記:あやこ

 
 

文化財の名称:妙顕寺 花筏

文化財の種類:記念物 名勝

所在地:京都府京都市上京区寺之内通新町西入妙顕寺前町514

アクセス:地下鉄鞍馬口駅より徒歩9分

桜隠れ名所、具足山・妙顕寺。鎌倉時代後期元亨元年(1321)、京都で最初に創建された日蓮宗のお寺。静かに極楽気分で花見を楽しめます。

ここだけの話。密かに西陣界隈は美的に素晴らしい日蓮宗系の本山が多いのです。それもそのはず、狩野元信、長谷川等伯、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山など、近世の名立たる芸術家の多くが日蓮宗の信者であり、西陣界隈の寺院にゆかりあり、その美的センスが空間に投影されているからです。

妙顕寺の「光琳曲水の庭」は、絵師・尾形光琳の屏風絵を元にして作られたとされます。樹齢約400年の赤松や白砂で表された川の流れが、光琳の華やかな作風を彷彿とさせられます。

滞在時間の目安:5分

 
 

【時空を越えて、親指姫の春うらら】

-こんな時に訪れてみよう!- (ゆるりと過ごしたい)

できれば内緒にしておきたい桜絶景名所のひとつ、妙顕寺。ここは拝観料も不要の境内の裏。
写真映えのするショットは沢山あるのですが、あえてこの一枚、花筏(はないかだ)。

「花筏って言うんだよね」隣で友人がささやくように教えてくれました。そう、花筏。なんて素敵な表現なんだろう!!ゆ~らゆら~♪ゆ~らゆら~♪

気が付けば、一寸法師か親指姫になって花筏に乗りながら、春の日差しを浴びていた私。名付けた人、その心を伝えてきた人、同じ感覚を古人も味わったんだろうね、きっと・・・ゆ~らゆら~♪

今、目に映る美しさもさることながら、時空を越えて心奪われた瞬間でした。

訪問日時:2017年4月13日 記:ともえ

 
 

文化財の名称:京都御苑 雅の高倉橋

文化財の種類:建造物文化財 その他

所在地:京都市上京区京都御苑

アクセス:京都市営地下鉄丸太町駅から徒歩10分

京都御所の建礼門から南に向かって広々とした砂利道を歩いていくと見える、九条池にかかる橋。

五摂家(鎌倉時代以降、摂政・関白になる資格を持つ五つの家柄)のひとつであった九条家邸跡地にある。
高倉橋から拾翠亭、庭園、厳島神社が眺められる。

滞在時間の目安:5分

 
 

【許しの心を得る橋】

-こんな時に訪れてみよう!- (ゆるりと過ごしたい)

建礼門を見たあと、斜め向かいのベンチに座り、食べようと買ってきたコロッケを食べかけました。
御苑の広大な空気に包まれて、心地よく半分くらい食べたでしょうか・・・突然後ろから飛んできたトンビにコロッケを取られてしまったのです!(皆さま御苑での食べ物には要注意です)

あまりの驚きに、とにかくベンチから立ち去ろうと放心状態で南に砂利道を歩きました。
そうすると立派で風情ある高倉橋が見えてきて、少しホッとした気持ちに。

橋の真ん中まで渡ってしばし池や景色を眺めると・・・九条池に亀の姿がありました。
トンビとあまりに対照的な亀ののんびり泳ぐ姿に気持ちも落ち着きほっこりと。
まぁこんなこともあるか、と肩の力がふうっと抜けていきます。
トンビの一件がなかったら、どんな気持ちでこの橋からの景色を眺めたのでしょうか・・・、そう思うとその時の自分でしか感じられないことばかり。

池の向こうに九条家の茶室で会った拾翠亭が見えます。
厳島神社、庭園、すべての景色が調合して美しいです。
橋を渡り終える頃にはトンビがコロッケ美味しく食べたならまぁいいか!と思ったのでした。

訪問日時:2017年3月11日 記:あやこ

 
 

文化財の名称:京都御苑 休息の梅林

文化財の種類:記念物 名勝

所在地:京都市上京区京都御苑

アクセス:京都市営地下鉄丸太町駅から徒歩10分

京都御苑の西側にあり、約200本もの梅の木が植えられています。
遅咲きの種類も多く、例年3月まで見頃です。
ベンチもありますので、ゆったり座って眺めることもできます。

滞在時間の目安:10分

 
 

【春の訪れを感じる休息の梅林】

-こんな時に訪れてみよう!- (ゆるりと過ごしたい)

訪れたのは3月も10日を過ぎた頃。
梅の花もだいぶと咲いていて、これからの本格的な春の訪れを待ち望んでいるよう。

「出水の小川」のせせらぎと梅の花。
さわさわと肌寒い風が吹き、太陽の光が水面と梅に当たって美しい。
本格的な春が訪れる前の肌寒さと、春の日差しも感じることができるこの時期が大好き。
春が来るのを待つワクワク感は、旅行前の準備をする時に似ているのかもしれません。

みんな思い思いに過ごせる空間です。
お弁当食べたりコーヒー飲んだり、スケッチしたり。
慌ただしい1週間を終えて、私もホッも一息ベンチでのんびり梅の花を眺めました。

ランニングしている学生達の「気合いいれていきましょ~!」の掛け声が聞こえてきて、また頑張ろうと思えた良い時間でした。

訪問日時:2017年3月11日 記:あやこ

 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら

体験会に参加しませんか?

『ウォーキングセラピー』ってどんなこと?
『京都文化浴さんぽ』ってどんな内容?
他の参加者はどんな人たち?

こんな疑問や不安を解くために、体験会を開催しています。ご自身の足のことや文化浴の森の楽しい講座の様子を、ぜひ肌で感じて下さいね。

 体験会について詳しくはこちら