ブログ

 
 

京都文化浴大学は毎月第2第4火曜日開催♪♪

 

2019年12月10日(火)の京都文化浴大学の午前の授業は、、、

我らが代表、澤野ともえの父でもある澤野道玄先生の会社「株式会社さわの道玄」から、

現代表の長屋進さんをお迎えしての講義からスタート。

 

漆1.jpg

 

長屋先生がサラリーマンから職人の道へ飛び込まれた経緯(地に足をつける=手に職をつける)や、

文化財修復の実情(国の予算で進むが、実際の維持管理は所有者にあること)、文化財保護への想いなどなど・・・

対談形式でのお話しを伺うことで、【漆】という大切な日本の文化について改めて知ることが出来ました。

これからの街歩きで、私たちは古建築の見方が随分と変わっていくのではないでしょうか。。

 

後半は先生の手ほどきを受け、実際に漆を塗ってみる体験を!

漆3.jpg

 

さてさて~~~初の経験!みんなどうかな~~

漆5.jpg

 

お~~~!!!なかなかのセンス☆彡

新たな職人誕生かっ!!

 

いやいや、やっぱり先生のようにうまくは行ませんね。。

匠の技に一同感激!

長屋先生ありがとうございました^^

漆4.jpg

 

 

受講生の声と共に様子をお届けします♪

・・・・・

 

匠の話は、おもしろいですね。コアな話が興味深いです。仕事として成り立ち、継続していく

むずかしさ、でもこれが大事‼本音トークも楽しかったです。実演は百聞は一見にしかず!

 

「株式会社さわの道玄」のお話、私も実家が自営の家で育ち結婚後も自営なのでうんうんと

うなずけるところがたくさんありました。道玄先生、長屋さんの文化財に対する熱い想いが

伝わりました。

漆塗の実演 匠の技!パティシエ?ショコラティエのようですてきでした。

 

株式会社さわの道玄の奥細い所までよくわかり良かった。漆塗のわざは素晴らしかった。

 

なかなか実際に目にできない漆の実演もよかった。文化財を観るときは、所有者、文化庁の係、

職人さんの気持ちにも思いをはせて行きたい。

 

漆の持つ不思議さ 漆の実演を経て漆塗の工程の多さをみて驚き、良い経験ができた。

 

漆のにおい、はじめて。においがあったとは知らなかったです。体験で漆が身近に感じました。

 

 

 

☆2020年4月入学2期生募集☆

共に心身の健康生活を目指して、文化浴しませんか?

 

お仲間大募集!!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

 

 

 

 
 
 

京都文化浴大学は毎月第2第4火曜日開催♪♪

 

11月26日(火)の午前の授業は・・・

歌と朗読により「いのち」「平和」「子育て」などのメッセージを伝える、うた語り

という独自のスタイルで講演活動をされている、中橋怜子先生の講義でした。

 

中橋先生.jpg

 

信長や秀吉が西洋音楽を聴いていた!という、思いがけないお話しや、当時のヨーロッパと日本の

音楽との違いなどをわかり易く説明してくださいました。

授業の合間にCDで聴かせて頂いた、グレゴリオ聖歌の美しいこと♪♪♪

まるで天使が降り立ったよう・・・

神聖なるこの護王神社で聴く歌声が今でも耳に残ります。

 

後半は歌の力を活かした脳トレ講座。

『アルプス一万尺』の歌詞(7番)をイメージを浮かべて覚え、暗譜で歌ってみました。

これぞ正に!脳トレ!!

先生曰く、「わたしは絶対に皆さんをぼけさせません!!!」と。笑

なるほど、歌詞を覚えようと小さな努力をすることが脳の活性化につながっているのですね。

そして何と言っても、みんなで声を出すたのしさ♪♪

先生に大切なことを教えて頂いた講義でした。

 

 

 

☆2020年4月入学2期生募集☆

共に心身の健康生活を目指して、文化浴しませんか?

 

お仲間大募集!!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

 

 
 
 

京都文化浴大学は毎月第2第4火曜日開催♪♪

 

11月12日(火)の午前の授業は・・・

庭園デザイナーの烏賀陽百合(うがやゆり)先生による、日本庭園の魅力についての講義からスタート。

 

庭.jpg

 

京都生まれ、京都育ちの烏賀陽先生。「バリバリの京都弁でお話しさせていただきます~」と

はんなりトークが始まりました。

先生はこれまで約30ケ国を旅されたそうで、「一度は行ってみたい京都絶景庭園」や「しかけに

感動する京都名庭園」、「しかけにときめく京都名庭園」などの著書が大人気です。

皆さまも一度は本屋さんで目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

まず日本の庭園は自然の風景を表したものであるのに対し、西洋では人間の力で自然を支配しようとしたもの

であること、絵画において長谷川等伯や狩野元信の絵では木は幹や枝を中心に、あるいはパーツのみで

あったりするのは、観るものの想像力を刺激しており、日本文化独特のものであるという説明を受けました。

 

庭2.jpg

 

11世紀後半に日本最初の庭図書として『作庭記』ができたことや、鎌倉期の夢窓疎石、室町将軍の作庭好き、

枯山水についてお話をしていただき、さらに江戸時代や明治以降の庭に話が及びます。

今までなんとなく見ていた日本の庭園の深さを知り、とても興味深い講義でした。

 

 

 

☆2020年4月入学2期生募集☆

共に心身の健康生活を目指して、文化浴しませんか?

 

お仲間大募集!!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

 

 
 
 

京都文化浴大学は毎月第2第4火曜日開催♪♪

 

2019年10月22日(火)、本日はおとなの遠足!!

っという事で、朝から城陽市の寺田へLet's Go~~~!

城陽.jpg

いも掘りを計画していましたが、昨夜来の雨でいも掘りは泣く泣く断念。。

午前中に予定をしていた城陽市の歴史民俗資料館(文化パルク城陽西館)で、学芸員の先生方による

解説から始まりました。

学芸員.jpg

 

主任学芸員の薄井ゆみこ先生には、古墳の町である城陽市の歴史(3世紀の芝ヶ原古墳と5世紀の久津川車塚古墳)や

特別展示をしていた「寺田村の春夏秋冬~堀家の古文書にみる村の暮らし」、そして名産品である「寺田いも」の解説を

していただきました。

堀池.jpg

 

この日のお弁当は地場のおかずで、なんといってもイチジクの天ぷら!

おいしかった~^^

いちじく.jpg

 

 

午後からは、特別に堀家住宅(登録有形文化財)を見学させていただきました。

堀池②.jpg

 

登録有形文化財というだけあって、とても興味深い建造物でした。

堀池③.jpg

 

 

最後に、私たちの代わりに昨日前もって掘ってくださったお芋を配布していただきました。

芋.jpg

 

この日の為にご尽力くださった全ての方、大地の恵みに感謝です。

 

 

 

受講生の声と共に様子をお届けします♪

・・・・・

 

晴れました・・・芋堀はなくなっちゃいましたが、文化パルク城陽へ‼堀家の古文書、

寺田連の俳句を時々与謝蕪村が批評していた蕪村評点帖などが展示されていた。

城陽市の古墳の数が198基もあり卑弥呼の時代に造られた芝ヶ原古墳や大きな前方後円墳

久津川車塚古墳など知らなかったことが、はずかしくなるような魅力が城陽にはあるのですね。

 

城陽の古い街並みや歴史を興味深く参観しました。お芋も頂きウキウキしました。

 

城陽市そのものを知らず、歴史ある場所であったことを初めて知り驚きました。

豊かな村は文化もさかえること幸せな村だったと思いうれしくなりました。

 

寺田について若干知識がありましたが本日の学芸員様の堀家所蔵物、古墳について

詳細な説明を聞く事が出来深く知る事が出来感謝しております。来年の古墳展示には

是非来てみたいと思います。

 

知る喜びを改めて感じました。城陽は近くて遠い存在でしたが、今日でとても魅力的な

場所に変身!!

学芸員の方の分かり易いお話、何度か足を運び続きを伺いたいと思います。
お弁当おいしく頂きました。「イチジクの天ぷら」意外なおいしさに嬉しい発見です。

 

堀家の特別展示の説明を聞いた後に実際の建物を蔵の中まで見学させていただき感動しました。

寺田のような歴史が普通に残っている町をもっと知りたいと思いました。

寺田いものお土産も想像以上にうれしい驚きでした。企画準備頂いた皆様に感謝!!

 

堀家の貴重で詳細な古文書を拝見出来その堀家の位置付けの立場を理解した上で

立派なお宅に入らせて戴き、手入れの行き届いた管理状況を拝見出来堀家の思いを実感しました。

最後に沢山の立派な寺田いもを心配りの行き届いた方法でお土産にして戴き感謝しております。

 

 

 

 

☆2020年4月入学2期生募集☆

共に心身の健康生活を目指して、文化浴しませんか?

 

お仲間大募集!!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

 

 
 
 

京都文化浴大学は毎月第2第4火曜日開催♪♪

 

2019年10月26日(火)の京都文化浴大学の午後の授業は、、、

「京都が誇る祭礼の魅力と楽しみ方③~時代祭り~」

講義をして下さったのは、小嶋一郎先生です。

 

小嶋先生.jpg

 

葵祭につづき、祇園祭り、そして今回の時代祭りと、京都の三大祭りをコンプリート!!

通常、10月22日におこなわれる時代祭りですが、今年は即位礼正殿の儀の関係で10月26日におこなわれます。

 

時代祭り.jpg

 

時代祭りのビューポイントや、祭の歴史、行列の見方などわかりやすく解説していただきました。

時代祭りは「100分で繙く日本史」と言われますが、20ある行列と登場人物はおおよそ各時代を象徴しています。

より一層観賞がたのしみになりました。

 

 

受講生の声と共に様子をお届けします♪

・・・・・

 

令和元年の時代祭を初めて見てみたい。時代祭の行列のいろいろとあるのがよく知りえました。

時代祭り①.jpg

 

近くで行われる時代祭でありながら、今までゆっくりと鑑賞した事がなかった。

今回の先生の体系的な行列の中身と見るポイント、最適の鑑賞ポイントを教えて戴いたので大変参考になりました。

時代祭り②.jpg

 

日本史の勉強、しかも教科書にはない物語人物の話に聞けてあっという間の90分弱でした。

いつの日か実際の時代祭を見たいと思います。小嶋先生ならではの流れるようなかつ経験に培われた講座は

貴重な時間でした!ありがとうございました。

時代祭り③.jpg

 

時代祭の楽しみ方、見どころスポットや、行列の姿と歴史の背景の説明を受けて、一度も見たことないので、

じっくり時代祭を見たいと思いました。特に「女人列」に注目したいです。

和宮さま.jpg

 

どうしてこんなにたくさんの方が行列するんだろう・・・と不思議だなとおもっていました。

まずは平安遷都のお祭り(平安神宮)を少しずつ今の時代に楽しみたいです。

時代祭り⑤.jpg

 

※画像は本年度の時代祭りのものです

 

 

☆2020年4月入学2期生募集☆

共に心身の健康生活を目指して、文化浴しませんか?

 

お仲間大募集!!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

 

 

 

 

 

 

 

ダム屋から桶屋へ

 2019/11/06 
 
 

京都文化浴大学は毎月第2第4火曜日開催♪♪

 

しばらくブログの更新ができておりませんでしたが、、、

後期を迎え、新たに再開させて頂きます。

 

10月8日(火)のこの日は樽徳商店の宮本博司社長による

「54歳の手習い~桶作りに癒される"ダム屋から桶屋へ"」をテーマにお話しを伺いました。

 

桶屋さん.jpg

 

建設省(現在の国土交通省)の官僚としてダムづくりをしておられた社長。

それがなぜ桶作りの人生へと一変したのか、、、

元官僚というお堅いイメージのない、明るくお話し上手の宮本先生の講義が始まりました。

 

oke.jpg

 

ダムに沈む地域の住民が賛成派も反対派も心に深い傷を負ったこと。

建設に携わる中で実情を知り、先生の人生観も変わって行ったそうです。

そして、家業である樽徳商店に入社、50年前にやめていた桶・樽を作ることに挑戦されました。

それは一念発起の決断だったと思います。

 

桶と樽の違いについてもわかり易く説明してくださいました。

(桶は紡いだ糸を入れる容器で狂いがないことが求められることから柾目を使う、樽はお酒を入れるため水密性が求められることから板目を使う)

 

桶.jpg

 

桶についてこんなにも興味を持ったのは初めてです。

それは宮本先生の人間力でもあるのではないでしょうか。

 

受講生の声と共に様子をお届けします♪

・・・・・

 

ダムから桶屋さんへの変遷 とても興味深く楽しかったです。手作りの持つ力が、宮本さんの心を癒すことになったのだと改めて手作り(作業も含めて)の大切さを感じました。

 

宮本社長の官僚経験と桶作りの苦労話のたんたんとした話の中に、京都の歴史も含めて含蓄ある人生哲学が聞けて有意義でした。

 

"自然を押さえこもうとする開発はいつか人間を押しつぶすことになるように思います。
先人の知恵を今一度見直し、自然だけでなく何ごとにも謙虚であれと思いました。

人生は短いけれど、いつでも新しいことに挑戦する時間はあるものと勇気をいただきました。

 

高瀬川のことや「桶」「タル」の違い、作業工程などくわしく知ることが出来ました。

春の季節には高瀬川の散策をしてみたいと思いました。宮本さんのダムの話をもっと聞きたいと

思います。次回の講座を希望します。

 

ものすごく貴重なお話を伺いました。宮本氏の生き様に感激です。自分自身が生き様をちょっと考えてみたいと思った。再度の登場を切に希望します。

 

桶 ・樽 の違いクリアーになってうれしいです。河川やダムのことも興味深かったのですが、どちらももっとお話を」お聞きしたかったです。

 

タルとオケ 大変おもしろく為になりました。先生もとても魅力的でもっともっと色んなお話を聞いてみたいです。

 

樽は酒樽 鏡開きに使われる大きな酒樽も贈答用の小さな樽も、小さければ小さいほど研ぎ澄まされた神経で作られるのだと思い知らされました。私の叔父は、お盆前になると櫓で太鼓をたたくため酒樽で練習するとよく言っておりました。よくしまった樽は良い音が出るのでしょう。社長さんは酒樽のこんな使い方を知られたら、どんな思いをされるのでしょうか。空樽を最後まで使っていると喜んでいただけるのでしょうか?それとも丹精込めて作った樽を・・・・と苦笑されるのでしょうか!

 

☆2020年4月入学2期生募集☆

共に心身の健康生活を目指して、文化浴しませんか?

 

お仲間大募集!!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

 

 

 
 
 

京都は東西南北をそれぞれ青龍、白虎、朱雀、玄武の四神に守られています。

京都を知るには四神から。四神を歩けば、京都の輪郭が見えてくるのです!

というわけで、1年かけて吉田究先生による『四神相応巡り全4回』を開講します。

komati5.jpg

まずは「玄武・洛北を訪ねて」・・・

小町寺と山住神社・磐座神社をめぐりました。

吉田先生は、小野小町伝説を読み解きながら、小野小町の実像に迫りました。

 

磐座神社(現在の山住神社の場所から明治時代に移転)では、

「岩が神である」ことと「岩に神が宿る」ことの違いと変遷について問題提議。

改元を機に考えてみたいものです。

komati4.jpg

 

・・・受講生の声・・・

2019年4月23日(火)開催【い組】

吉田先生のお話がおもしろかった。視点が変わることによって興味が拡がる。

小野小町にいろいろの伝説があり、その1つに初めて訪れることができ、ありがとうございました。

平安時代から人間に心の病が認められていたことにびっくりしました。

人生初の小町寺。自分一人の意志だとなかなか来る機会なく、皆さんと訪ねてこられて良かった。

komati2.jpg

心は気から、気は心から、女性がからむと面白い 小町伝説!才能ある人はねたまれるのですネ。白骨化していく図、ショックです。青もみじの中良い空気、楽しいウオーキングでした。

先生の案内で小町伝説ははじめて聞くお話せしたが楽しかったです。 よく歩きました。

他人の思惑で評価を下され、まるで悪者にされて何百年も語り継がれるのはさぞくやしいことでしょうね。でもそこを抜け出して悟りを開いたところに、あの老衰像の木高さがあるのだと思います。

京都にはよく来るのですがここまでは来ないのでよかったです。

komati1.jpg

普段滅多に行くことのないようなところに行け、新たな発見を得られました。

小野小町少しぞわっとしてしまいました。不思議な感じでした。

1000年の歴史が有りますとの事今日も学べました。

小野小町の解釈も面白く、吉田先生のお話はとても興味深く、今まで興味のなかった小町の本でも読んでみようかと思う気持ちになりました。再度訪れてみたいと思いました。

小町寺の名前は聞いたことあり、すごく興味持っていきました。なかなか行けない場所本当に行けてよかったです。先生はわかりやすく説明していただき良かったです。

komati3.jpg

2019年5月28日(火)開催【ろ組】

とってもよかったです。田舎道を歩き、小町寺や大雲寺を伝説を聞きながら、ゆったりとした気分ですごしました。小町像をみられて良かったです。

小野小町は山科の隋心院が一番ゆかりのある所と思っていたが、本日の吉田先生のお話でこの小野寺と小野小町伝説の知識を得られました事は幸いでした。

komati6.jpg

その後雨の中にもかかわらず大雲寺にも連れて来て戴き有難うございました。 小町寺で、小町の老いた像を見せていただき、ふつうでは体験できないことができ大変感動しました。ありがとうございました。

小町さんの像が印象深いものでした。(テレビでは見たことがありましたが、まさか実物を見学できるとは)

京都というのは、いろいろな史跡がいろいろなところにあるものだとつくづく思いました。

komati7.jpg

しっとりとした雨の中の見学も良かったと思います。文化浴大学でなくては行くことも観ることもできない貴重な講座でした。歴史の深さに思いを致し心ひびくひとときでした。ありがとうございました。

けっこうな雨の中 楽しく吉田先生の説明がおもしろくすごすことが出来ました。ありがとうございます 雨の中もおもしろくてよかったです。一人ではいけないものですね。

雨天の中の授業でしたが、心が洗われたようです。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

京都文化浴大学は、文化財を通して心身を健やかにする余年制大学です。

月2回、定期的に文化を浴びて歩いて、第二の人生を豊かにしましょう♪

 
 
 

2019年4月23日(火)の京都文化浴大学午前の授業は、、、

午前は護王神社にて今川れい子先生から

「『食べる』を楽しむ そして『作る』も楽しむ」のお話と実習でした。

20190423 AM 文化浴大学 「食べる」を楽しむ、そして「作る」も楽しむ。今川先生_191025_001_00.jpg

人生を充実させる方法のひとつに「スローライフ」という言葉があります。

効率やスピードを重視するのではなく、ゆったりと人生を楽しみ、生活の質を高めること。単にのんべんだらりと過ごすことをスローライフとは言わないわけです。

20190423 AM 文化浴大学 「食べる」を楽しむ、そして「作る」も楽しむ。今川先生_191025_000_40.jpg

第二の人生こそ、ファーストライフではなくスローライフを満喫できる条件が揃っています。

 

「本物」を感じながら、今を大切に生きる。

 

日本の暮らしの中に受け継がれてきた本物の素材、知恵、技にふれて頂くことで、スローライフの感覚を掴む授業です。

58384166_1283488258521754_4467346555749269504_o_12834882485217550.jpg

今川先生は、「今を生きている自分を励ましながら、毎日短時間でも『食』つまり生命の源に真剣に向き合おうと心がけている」そうです。

 

実習では発酵調味料、出汁、味噌玉、おにぎり、ハニーチャイニーズポークについて、簡単美味しい㊙レシピを教えてくださいました♪

57821809_1283488861855027_2839743693630472192_o_12834888585216940.jpg

実際に各自、おにぎりを握って、おかずとみそ汁を配膳してお昼ご飯を美味しくいただきました。

 

・・・受講生の生声をお届け・・・

お料理がとてもおいしかったです。特に豚肉はやわらかく出来ていて、家で作ってみたいと思います。

先づ大変おいしい品を有難うございました。日頃すぐに化学調味料を使用している現状を反省し、本来日本人が以前より使用し食べていた食品の大切さを痛感すると共に、今後の健康の為に活かしていきたいと思います。

57546501_1283488135188433_4868599945482993664_o_12834881318551000.jpg

今川先生のお話を聞いて、食べることの大切さを再認識しました。普段、忙しいことを言い訳にして、心を込めることを忘れていました。疲れているときでも、料理を始めると、いつの間にか集中して、他の悩みなども忘れている自分に気付いてもいるので、この気持ちを大切に日々過ごしていきたいです。

20190423 AM 文化浴大学 「食べる」を楽しむ、そして「作る」も楽しむ。今川先生_191025_000_10.jpg

ちょっとした知識と手間を面倒と思わず、楽しみながら食に向かうことの大切さを学びました。おいしく勉強になった食事となりました。今川さんに脱帽です!!

食事とてもおいしかったです。テーブルに一輪の花から始めます。先生のパワーに驚きました。

今川先生のレシピや「食」に対する心構えを聞いて、自身の反省をすることが多くありました。昼食も素材の良さが活かされておいしかったです。楽しい食事をありがたくいただきました。

20190423 AM 文化浴大学 「食べる」を楽しむ、そして「作る」も楽しむ。今川先生_191025_000_0.jpg

食について自分なりに知っていたり、やっている事もあったのですが、今日の先生のお話を聞き、毎日を普通にやってられる日々の積み重ねに考えさせられました。また無理なく、少しづつやっていこうと思いました。

春らしいお料理、とても美味しくいただきました。 さくら餅!お上品でおいしかったです。今川先生昨夜12時過ぎてから作ってくださったそうで感謝いたします。みそ玉早速作ってみたいです。焼き豚も!! 「食べる」って本当に大切な事!とても勉強になりました。続編を是非!

和食を見直すことが流行してますが流行は流行です。 家庭で食べる事を大事にしたいですね。

58461237_1283489188521661_2397429394344771584_o_12834891751883290.jpg

食に対する姿勢はすなわち人生の生き方なり!と大いに刺激と感銘受けました。

先生のお話身にしみました。はれの日も大事ですが日々のことが本当に大切ですね。

食育の大切さ、お食事もとっても美味しくてお話は1日聞いていたかったです。

食のお話も原点に戻って色々と大切なお話を聞けて良かったと思います。

子供達にもしっかり伝えたい内容でした。

今川先生の時短?料理の教室も開催してほしいです。

きちんとした生活をすることを今からでも心がけようと思いました。

57614992_1283488528521727_7203224612878942208_o_12834885251883940.jpg

興味深いお話でした。みそ、醤油、酢という発酵調味料でのレシピも伺って家でみそ玉を作ってみます。参考になりました。 集中してキッチンに立つ。料理に全神経を集める。"目からうろこ"であった。

発酵食品を上手に使われて、みそ玉の作り方も習いこれからも使いたいと思います。これからもみそを自家で作っていきたいです。

食事の時間を大切にする=自分を大切にするというお話。なるほど、と・・・。みそ玉のケース一つアイディアですね。

食べる、作る楽しさを教えていただきました。基本の出汁の取り方、材料を無駄にしないことまで、大変よかったです。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

 

京都文化浴大学は、文化財を通して心身を健やかにする余年制大学です。

月2回、定期的に文化を浴びて歩いて、第二の人生を豊かにしましょう。

 

 
 
 

2019年4月9日(火)

にこやかな桜、すこやかな新緑に包まれた清らかで明るい春の日。

余年制・京都文化浴大学の本格開校並びに入学式・始業式を行いました。

 

20190409 nyugakushiki1.jpg

 

京都御所西・護王神社にて、木々の緑に囲まれた古式ゆかしいご神前での開講奉告祭。

心地よい春風が祝詞(のりと)を乗せて、神さまに届けてくれているかのようでした^ ^

20190409 nyugakushiki4.jpg

祝詞がこんなに心地よいものとは!

私の聴覚センサーは共鳴し、耳の奥へ奥へと祝詞が染み込んで

体の中を駆け巡り、五感の全てを開いて真心から祈れるようでした。

 

20190409 nyugakushiki.jpg

皆さんの足腰健康、豊かな学び、人生の充実を祈願させてください!と、

予め本郷禰宜様にお伝えしていましたところ、

オリジナルで唯一無二の表現を、祝詞に多分に入れて下さいました。

 

20190409 nyugakushiki5.jpg

お神酒を頂き・・・

 

20190409 nyugakushiki2.jpg

受付、飾り付け、ご協力下さった0期生の皆さん!

早くからお出まし頂き、本当にありがとうございました!

 

20190409 nyugakushiki3.jpg

挨拶の皮切りは代表澤野ともえから。

0期生、1期生あわせて39名の皆さまとのご縁に感謝。

新たな門出に喜びの気持ちでいっぱいになり、思わず涙腺が緩む挨拶になりました。

 

20190409 nyugakushiki6.jpg

堀田文恵さんの明るく和やかな司会進行で粛々と進められ...

 

20190409 nyugakushiki7.jpg

在校生代表の挨拶は西保昇さん。

これまでの道のりや私の言葉足らずを補いつつ、素敵な祝福の言葉を新入生に伝えて下さいました。

ありがとうございました!

 

20190409 nyugakushiki8.jpg

新入生並びに講師代表は今川れい子先生。当校では学生でもあり先生でもあられます。

当校が目指す学び合い精神の象徴的存在。

向学心溢れるお言葉やお心遣いを頂き、本当にありがとうございます!

 

20190409 nyugakushiki9.jpg

0期からお世話になっています優しい吉田究先生。

お茶による乾杯の挨拶をしていただきました^^

野に山に、湖に、遊ぶ達人でもいらっしゃいます。

どうぞ今期も宜しくお願い申し上げます!

 

20190409 nyugakushiki10.jpg

記念講演は父澤野道玄の「文化を学ぶ、文化を歩く」。

私、親戚以上家族未満の「ゆるい家族」的人間関係を提唱する一躍時の人ですが^^;

「代表澤野ともえのゆるゆるな家族です」という自己紹介で口火を切った父。

我々親子であっても今は家族をしていないので、、図星の表現に思わず笑いました。

 

20190409 nyugakushiki11.jpg

学ぶということは、自分自身を習うこと。

自分自身を習うということは、自己中心的な自分を否定し、自分を忘れること、、

そして、、

 

20190409 nyugakushiki13.jpg

魚が水の中を自由に泳ぐように、鳥が空を自由に飛ぶように、

京都文化浴大学では出来るだけ心を自由にして歩いて学んで欲しいと、、

正法眼蔵の道元禅師の言葉を参考に、話してくれた父。

ありがとうございました。

 

20190409 nyugakushiki12.jpg

お楽しみのお弁当!今日はお祝いやし、お赤飯にしてみたよ!

・・・と料理人菜ちゃん。ありがとうございました!

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

 

京都文化浴大学は、文化財を通して心身を健やかにする余年制大学です。

月2回、定期的に文化を浴びて歩いて、第二の人生を豊かに導きます!

2019年7~9月頃体験入学開催予定!

https://bunkayoku.studio.design/

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

 

 
 
 

4月4日(木) 13:00~16:00
『秘密の京都・春爛漫スケッチ 祇園建仁寺編』

 

桜が咲き乱れる春爛漫の頃!
高瀬川や花見小路の裏道をぶら~り文化浴して隠れ桜スポットや建仁寺を巡り描きました♪

20190404 bunkayokusuke2.jpg

まずはカフェ満月の花にて・・・

 

20190404 bunkayokusuke4.jpg

塚本文子先生による、わかりやすいスケッチパターン術講座!

でもね、これはスケッチではなく、ら・く・が・き♪♪♪

だから、特に決まりはない!自由に!と塚本先生。

 

20190404 bunkayokusuke3.jpg

一通りレクチャーを聞いたら、頂く前にオーダースイーツを、とにかく描いてみましょう!

 

20190404 bunkayokusuke5.jpg

心を表現するには自分の顔を描いて、

セリフ見出しを書くとその時の心象風景が記録されるわけ!

 

20190404 bunkayokusuke6.jpg

スイーツを頂いたら、さぁ、まち歩きタイム♪♪♪

隠れ桜スポットに立ち寄り・・・

 

20190404 bunkayokusuke7.jpg

桜はかたまりで描き、梅は点で描くねんって。

さっそく先生、見本をサラサラ~っと。

 

20190404 bunkayokusuke8.jpg

目を凝らして歩けば見つかる!町の片隅の創業百年のおかき&あめ屋さん♪♪♪

 

20190404 bunkayokusuke11.jpg

祇園甲部の提灯は繋ぎ団子。宮川町の提灯は三輪。

花街で紋様が違うのよね~♪♪♪

 

20190404 bunkayokusuke10.jpg

祇園甲部歌舞練場の巴瓦は・・・なんということでしょう!

繋ぎ団子に歌!目を凝らさなければ気付かなかったな~♪♪♪

 

bunkayokusuke1.jpg

そんなこと、こんなことをささ~っと、こうして描くと・・・

 

20190404 bunkayokusuke12.jpg

それぞれのモノが自分の中で宝物になった気分。見返しても楽しいページのできあがり♪♪♪

 

20190404 bunkayokusuke9.jpg

只今、5月2日(木)、6月6日(木)若干名募集中!

参加費:初回特別価格5,000円/回 ⇒ 4,500円/回
(京都文化浴大学生:3,800円/回)
※飲食代・材料道具は別途実費必要です。

詳しくは・・・以下をクリック♪

京都文化浴スケッチ

 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら