文化浴ポイント京都編

 

文化財の名称:行者橋

文化財の種類:有形民俗文化財 その他

所在地:京都市東山区石橋町295−1

アクセス:市バス東山三条から徒歩3分

失敗したら死ななければならない―という修行、比叡山の千日回峰行。
死装束で7年間、ひたすら歩き続ける。
睡眠3時間。食事は少量の精進料理を2食。

クライマックスは、断食・断水に加え、眠っても横になってもいけない9日間の「堂入り」。そして最終年の「京都大廻」。その時、京都入りして最初に渡るのが、白川に掛かるこの細く小さな橋なのだ。
行者橋とも阿闍梨橋とも一本橋ともいう。

滞在時間の目安:3分

 
 

【気の流れを変えるなら・・・橋を渡ろう♪】

-こんな時に訪れてみよう!- (流れを変えたい)

橋を渡る時はドキドキしている自分がいる。

瀬戸大橋は電車に乗りながらでもドッキン!ドッキン!!吊り橋なんてガッキン!ガッキン!!
でも・・・橋が嫌いじゃない。この揺れる不安感が、自身を取り巻く気の流れを揺らし、気分を変えてくれるようだから。

渡り終えた後、爽やかな達成感が心を通る。
この行者橋は、小さいけれど、そんな橋の効果が絶大。
何せ、阿闍梨さんの千日回峰行も重なるから。

バランスを崩せば落っこちる。
それはまるで修行であり人生の縮図のよう。

気を変えてリフレッシュしたいとき、ドキドキを味わいたいとき、千日回峰行の片鱗を感じたいときに!

訪問日時:2016年6月15日 記:ともえ

 
 

文化財の名称:1928ビル(旧毎日新聞社京都支局ビル)

文化財の種類:建造物文化財 産業

所在地:京都市中京区三条通御幸町角

アクセス:京都市営地下鉄東西線京都市役所前駅より徒歩約5分

1928(昭和3)年建築ゆえに、1928ビル。
「関西建築界の父」とも言われ、京都市役所のほか多くの作品がある武田五一の設計。

全体的には幾何学や線などのアールデコ調でまとめられ、窓の水平ルーバーは20世紀建築の巨匠、F・Lライトの影響がみられたり、最上部のロンバルディア帯は11世紀のロマネスク建築の意匠だったりと、西洋建築を自由に取り入れつつも見事なまとまりをみせる折衷建築です。

バルコニーや窓に見られる☆型は、建築主である毎日新聞社の社章に由来するデザインだそうです。

滞在時間の目安:5分

 
 

【見上げれば、そこは...☆】

-こんな時に訪れてみよう!- (流れを変えたい)

数年前、仕事帰りのとある出来事。
その日は仕事でミスをしてしまい、落ち込んだまま『なんでこうなった?』『あの時こうすべきだった...』頭の中は様々な思いでいっぱいになりながらも、足だけは迷うことなく普段通りの道へと進んでいました。
そんな状況だったので、うつむき加減だったのでしょう。でもなぜだかふっと、上を見上げた瞬間がありました。

真っ暗な空に大きな星☆
??なんだー?!
とてつもなく綺麗ではないか!!

見上げたわたしの目に入ってきたのは、三条通りに建つ1928ビルの小窓。
なんとも粋な星型がふたつ☆☆
どんよりしていた心に、あかりが灯った瞬間でした。
何度も通っているのに上を見上げたのは初めてで、『がんばれっ!』と励まされたような気持ちになったのを、ここへ来る度思い出します。

建造物に励まされるなんて、おかしいですよね笑
でも京都には、そんな自分をいつも変わらず受け入れてくれる場所がある。

1928ビルの前ではぜひ、上を見上げてください!できれば夜に...☆☆

訪問日時:2017年7月26日 記:あさみん

 
 

文化財の名称:鈴虫寺の法話

文化財の種類:無形文化財 慣習行事

所在地:京都府京都市西京区松室地家町31

アクセス:阪急松尾駅から徒歩15分

365日いつでも、鈴虫の音色をBGMに、法話が聴けるお寺、鈴虫寺。
正式名は、妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)。
江戸時代中期に華厳宗として開かれ、現在は臨済宗に属する禅寺です。

正直、文化財的「見どころ」はあまりない小さなお寺。しかし、わざわざ全国各地から、ご住職の法話と、幸福お守りを授かりに、参拝する人が後を絶たない。平日でも長蛇列です。
門前の地蔵菩薩に住所と名前と願い事を告げると、わらじを履いた幸福地蔵菩薩(通常の地蔵菩薩は裸足)が家に来て、願いを叶えて下さるという。修学旅行生など若い人が目立って多い!もちろん若い人だけでもない。

あっ、例え門前が長蛇の列でもご心配なく。
お堂には一気に100名以上が入れますし、30分おきになさる法話の順番待ちなだけ。
列が門前階段辺りだと、次の法話タイムに充分入れます。

滞在時間の目安:1時間

 
 

【五感を満たして、法話でリセット♪】

-こんな時に訪れてみよう!- (流れを変えたい)

なぜ?なぜこんなに人気なの?
宣伝力?と思っていたのですが、今月、仕事で3回も参拝し、その魅力に取りつかれました。
 
しっかりと作り込まれた法話。
まるで落語のように、難しい禅の教えを身近な内容に例えて、面白おかしく話して下さる。
しっかり作り込まれているから、わかりやすくて安心して聞ける。
笑いあり、学びあり、そして心がハッとしたり、ホッとする。
 
こんなにお寺が多い京都で、必ず法話が聞けるお寺って、殆ど・・・ない。
お願い事が他のお寺や神社よりも叶うから人気・・・かどうかはわからないけれど、
 
1.必ず法話が聞けること。しかも、安定した話術と内容で。
2.わらじ地蔵菩薩がサンタクロースのように家に来て願いを叶えて下さるという特徴。
3.28年掛けて完成させた365日鳴き続ける鈴虫の生演奏があること。
 
これら3つの特徴を作り込み、美しくまとめ上げた台本にして、面白おかしく語って下さることで、人の心に残り、口コミ力を引き起こして、人気寺院になったと感じます。
耳から目から鼻からお肌から、お茶菓子も出てお口から・・・五感を満たす演出がさりげなく。
 
最後に、軽くなった心でお庭を巡ると・・・産声を上げたばかりの新緑、歳月を重ねた石や苔、竹林が優しく染み込んできます。そして松尾山麓から京都市内を一望。自分と自然と町が一つになって調和しました。
手間をかけたり、面と向かって話したり・・・そしてリアルな空間が、やっぱり人の心を動かすんだな~と実感したヒトトキです。

訪問日時:2017年5月18日 記:ともえ

 
 

文化財の名称:清水寺善光寺堂の如意輪観音

文化財の種類:美術品文化財 彫刻

所在地:京都府京都市東山区清水一丁目294

アクセス:市・京阪バス五条坂から徒歩11分

今ではすっかり世界中の人々が集う他民族ワールド「清水寺」。

長い参道から境内の隅々まで、清水寺は宗教と観光のバランスがとれた空間だと感じます。レジャー感満載でありながら信仰心を深めてくれる。高貴な香り高くも庶民性もあり。まさに文化浴の坩堝です。

まずご紹介したいのは、地蔵堂の如意輪観音様。どこ?それはどこ?ですよね。
正面ゲート仁王門に向かって左手前。そう、門に入る手前からすでに仏様が出迎えて下さっているのですよ。

門前で写真を撮る世界中の皆さんの幸せな姿を・・・頬杖ついて見つめていらっしゃるのです。

滞在時間の目安:5分

 
 

【清水寺の門前デドックス】

-こんな時に訪れてみよう!- (流れを変えたい)

様々な仏様の中でも、観音様は特に気品と優しさに溢れています。中でも崩し気味に座り(輪王座)、頬に手を掛け首をかしげる如意輪観音様には、リラックスして拝むことができます。

秘仏で拝顔できない仏様も多い中、清水寺地蔵堂の如意輪観音は真正面から、悩みに向き合って下さる気がします。「今のあなたの悩み・・・はてさて・・・どうしましょうかね?」って、首を傾げながら、一緒に悩んで下さるようです。

あ・・・聞こえてきましたよ。「あなたの魂が求めるもの(如意)に従いなさいね。それを妨げるような、上っ面の不安材料や欲望は、ここで打ち砕いてお行きなさいね」って。

訪問日時:2016年10月10日 記:ともえ

 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら

体験会に参加しませんか?

『ウォーキングセラピー』ってどんなこと?
『京都文化浴さんぽ』ってどんな内容?
他の参加者はどんな人たち?

こんな疑問や不安を解くために、体験会を開催しています。ご自身の足のことや文化浴の森の楽しい講座の様子を、ぜひ肌で感じて下さいね。

 体験会について詳しくはこちら