ブログ

 
 

** 文化浴の森 情報便 **

平成30年4月14日(土)第56号

* 思わず行ってみたくなる♪文化浴情報

時空を越えて、海を渡って・・・魚が!

http://bunkayoku.com/point/2018/04/post-76.html

 

 

* 身も心もイキイキ!文化浴&ウォーキングコラム

◆あなたにとって文化って何ですか?

文化浴仲間に聞いてみました。

↓↓↓

私にとって文化とは・・・ 心を揺さぶるものかな。 人が関わること。 心と五感が開くもの。

そう考えると、仕事も文化やし、仕事仲間も文化財やわ。

文化浴して、自分にしかわからない喜びを噛み締めて味わうのも幸せやし、文化浴の後、そんな視点があったか~!とみんなで感じることも幸せ!

・・・と答えるのは、文化浴仲間のあやこさん。

「文化とは、心を揺さぶるもの」

言い得て妙ですね!!

 

◆あなたにとって文化って何ですか?

たなかさんの場合

「文化」は、世の中に広く知れ渡っているにも拘わらず、その意味が分かり辛いことばです。広辞苑を繰っても、なるほど!とハラに落ちる説明には出逢えません。でも、弊社名には堂々と、文化浴の森と鎮座しています。(笑)

ひょっとすると、文化って何?の答えをあれこれと探る様々な営みこそが、文化の実体なのかも知れませんね。

因みに私(たなか)なりに答えると・・・乱暴な要約になるかもしれませんが、文化と文明の特徴差にあると思います。分かりやすい例では農耕文化と機械文明。そこには人の心の有無の差があると思います。

つまり、文化には大きなヒューマンファクターがありますが、文明にはそれが無い。文化には温かさや優しさ、愛情といった人間臭さが息づいているのですが、文明にはそういった柔らかさや包容力、命の尊厳などは感じられない。文化が柔らかく温かいものであるとすると、文明は賢くて冷たいものと層別出来るように思います。

改めて文化と文明という切り口から考えてみますと、文化財を単に「モノ」として考えては駄目ということに気づかされます。

私たちの先人が命を賭して世に送り出した知の宝物であるだけに、文化財を修復する際には、その命の声を聞き分け、衷心から寄り添い、慎ましやかに仕事に就く気構えが大切になってきます。

文化財に関わってきた幾多の人の命と心が、時の流れをこえて凝縮されてきたものだからこそ、命の宝物として尊崇の念を禁じ得ない。だからこそ、多くの人が生きていく上での大切な道標足り得る。だからこそ、命の声が聴こえるし、真心をもって寄り添える。

文明には、文明の利器などと言われるように、常に硬派なことばが身を潜め伴います。利器という一見便利な物のようですが、人が穏やかに生きられる代物ではありません。利器はひとつ間違えば戦に直結してしまいます。私達は利器に惑わされてはいけません。

例え如何に不合理であったとしても、常に人間臭い文化で溢れかえった王道を皆んなで進んでいくべきだと思いますが、いかがでしょうか。

・・・確かに。利器を調べると、「鋭利な刃物。鋭い武器。」と出てきます。

文化を浴びながら、文化って何だろう?ってあれこれ感じながら、自らの心に根を張り、未来の人に確かな文化を紡いでいきたいものです。

・・・あなたにとって文化って何ですか?

 

◆写真を通してLet's文化浴!!

突然ですが、皆さま! 2人のアーティストの熱い思いから実施されるフェスティバル、「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」をご存知ですか??

京都市内の至る所で写真祭が行われるのです。 歩いて回れる、まさに文化浴!なんですよ!

・・・と教えてくれたのは文化浴仲間のあさみさん。

ご自身がそのビジョンに感銘を受け、何か自分にできることがあるなら・・・と、お手伝いされているイベントです。

あさみさんからの告知文をそのまま、ご紹介いたしますね!

2013年以来毎年春に開催され、京都が写真でもっとも盛り上がるお祭り!

写真家と照明家の夫婦が「写真を通して世の中をよくしていきたい!」という熱い思いから立ち上げたこのフェスティバルは、今年で第6回目となります。

寺院や通常非公開の歴史的建造物では、世界で活躍する写真家の作品に出会うことができます。

今年のテーマは"UP"!! 暗いニュースばかりの世の中ですが、私たち一人ひとりが行動や創造を通じて、自身や世界を変えていくことができるよう、ポジティブに目線を上げて行きましょう!ということです。

そう!足も上げて! Let's文化浴です!

会期中は京都市内15会場で写真の展示があります。 京都の街を歩きながら、ぜひぜひ写真の文化にも触れてみてください。 きっと新しい何かに出会えるハズ...

☆会期:2018年4/14(土)~5/13(日) ☆パスポート料金:一般¥4000、学生:¥3000

他 ※一部無料会場あり

詳細はこちら

https://www.kyotographie.jp/

私も写真を通してLet's文化浴!! 楽しみま~すヾ(*´∀`*)ノ

 

*...*...*...*...*...*

どんなことでもOKです!一文でも♪貴方からのメールをお待ちしていま~す(^O^)

*...*...*...*...*...*

◇ 発行・編集:(一社)文化浴の森 澤野ともえ

毎週土曜の朝は!文化浴の森情報便.:*:'゜♪ .:*:'゜☆.:*:'゜

3分ほどで読める無料メルマガ「文化浴の森 情報便」

京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

文化浴&ウォーキングセラピーの情報ミストを浴びて.:*:'心身健康な週末をお過ごしくださいね。

無料メルマガについて詳しくはこちら

 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら