私たちについて

超高齢社会と現代人の健康問題

ようこそ!文化浴の森へ。
代表の澤野ともえです。

私たち現代人の健康問題は、文明依存に尽きると思われます。私たちはこの半世紀、文明の利器によって自然との共存文化を失い、自らの足を使って歩かなくなり・・・人間本来の力が低下しています。

人は自然の一部。人が自然本来の力を発揮するには、今一度、自然の摂理にもとづいた健康的な暮らしを意識する必要があります。

文化浴の森では、超高齢社会に貢献する事業として、歩くという人間の原点と、文化に内在する人の心髄を大切に、心身の健康を図るサービスをご提供いたします。

健康は足から。心に文化浴を。

私自身、文化財修復業の家に育ち、文化財事業に携わりながら、『健康は足から。心に文化浴を。』をコンセプトに、2006年から文化財のウォーキングガイドとして、そして2012年からは足・靴・歩行の自然療法フットケアセラピストとして活動して参りました。

文化財と自然療法フットケアが自分の暮らしに溶け込むようになってから、心身の健康が自然とバランスよく高まってきたことを、自ら実感しています。

お客様をみていても、快適に歩ける喜びや、時空を超えて文化に満たされるお姿に、その瞬間、人生が奥深くからキラキラと輝く豊かさを、共感させて頂いています。それはまさしく「Quality Of Life」の源泉です。

文化浴の森 設立趣旨

文化財は人の心の健康に役立つものであること。健康ウォーキングを続けるには、正しい足・靴・歩行の知識と文化的資源が不可欠であること。文化財を本質から護り伝えるためには、文化の灯を一心に護り続けてきた、名もなき人々の素晴らしい想いを知ってもらう場を設ける必要があること。

これらの信条を基に、旧名圓塾(えんじゅく)は、2016年2月18日に法人格を取得し、さらにサービスの充実を図るべく、一般社団法人文化浴の森として新たなスタートを切りました。まるで森林浴のように、文化財は心と体を解すもの・・・として、「文化浴の森」と命名しています。

京都の文化に触れて人生を豊かにしたい!ウォーキングで健康を維持したい!そんな方にピッタリなサービスを、これからも私たちは提供して参ります。

まずは、毎週土曜日の朝にお届けするメールマガジン『文化浴の森情報便』へご登録ください。
あなたの人生がすばらしいものになりますように願っています☆

一般社団法人 文化浴の森
代表理事 澤野ともえ

 
 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら