文化浴ポイント京都編

 

文化財の名称:龍安寺 勅使門 牡丹唐草の欄間

文化浴の種類:たてもの浴 寺院

所在地:京都市右京区龍安寺御陵下町13

アクセス:京福電鉄 龍安寺駅下車 徒歩7分

龍安寺の石庭の東側にある勅使門。

現在は不開門(あかずのもん)となっています。

寛政9年(1797年)の火災で唐門が焼失したため、西源院(龍安寺境内塔頭)か、移築されました。

昭和50年に英国のエリザベス女王夫妻が参拝された際には、この勅使門から入られ、方丈から石庭をご覧になられました。

また欄間の牡丹唐草模様は、枯れ草に牡丹の花と葉を配した模様で、中国盛唐時代に牡丹鑑賞が好まれ、その時代相を反映してこの模様が完成しました。

滞在時間の目安:5分

 
 

【優美な心地になれる牡丹唐草の欄間】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

雨が降ったあと緑のもみじが潤って、とてもしっとりと穏やかな時間がながれてました。

方丈から眺める勅使門と、表から眺めるのとでは、雰囲気が随分と変わるように感じました。

方丈から眺めると、光がきれいに差し込んで欄間の牡丹唐草模様がくっきりととても綺麗に映えます。
表からはとても品があって、艶やかで麗しい印象です。

私は表からの方が好き。
優しい趣きがあり、牡丹の優美な華やかさ、唐草のくるくるとした曲線がとても美しいです。

私はこの勅使門を表から眺めたあと、忘れられない出来事が起こりました。
人のつながり、ありがたさ、なにか起きたときに助け合えること。

唐草は生命力あふれて蔓をのばしていくことから、「繁栄・長寿」などの意味があるそうです。
どうか大切な方々みんなが笑顔で元気に健康でいられますように。今この文章を書きながらしみじみ感じています。

そんな私の思い出深いスポットとなりそうな龍安寺の勅使門。
秋が深まった紅葉の頃にまたぜひ訪れてみたいものです。

訪問日時:2018年9月15日 記:あやこ

 
 

文化財の名称:柳谷観音 紫陽花の手水舎

文化浴の種類:庭園浴 寺院

所在地:京都府長岡京市浄土谷堂谷2

アクセス:阪急西山天王山駅から車で約10分

柳谷観音(楊谷寺)は西山浄土宗のお寺。
ご本尊は十一面千手眼観世音菩薩。

弘法大師ゆかりの独鈷水(おこうずい)が沸く【眼の観音様】として知られています。
西の清水とも謳われたことからも、天皇家ゆかりの歴史ある品も多く、境内諸堂を巡るとたくさんのご利益をいただくことができる珍しいお寺です。あじさいや紅葉の隠れた名所としても人気があり、『心で観じる』という事を大切に、季節ごとに五感を満たしてくれる隠れ名寺です。

手水舎と書いて「ちょうずや・ちょうずしゃ・てみずや・てみずしゃ」と呼びます。参拝者が最初に訪れ身を浄める場所です。手だけでなく、心をも洗い清めることが、手水舎の役割です。

日常生活でいつの間にか溜まった心身の疲労、嘘や意地悪などの良くない行為。そういった「穢れ」は聖域に入る前に、手水舎でスッキリ清めましょうね!

滞在時間の目安:5分

 
 

【彩りによる清め】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

勅使門を抜けるとすぐそこには・・・
眼も心も潤う、この紫陽花浮かぶ手水舎が目に入ってきます。

さすが眼の観音山!というだけあって、まだお参りも始まっていないのに、もう既に視力が回復したような即効性を感じられます。
つい撮影に必死になってしまい、なかなかお清めまでに時間がかかってしまいますが、そこを忘れては観音様に顔向けできません!

しっかりとお清めしながら、ホントにここへ来れて良かったなぁとしみじみ思うのでした。
心身共に浄化される紫陽花の手水舎は、この季節ならではのおすすめスポットです。

訪問日時:2018年6月17日 記:あさみん

 
 

文化財の名称:輪違屋の軒灯

文化浴の種類:美術品文化財 工芸品

所在地:京都市下京区西新屋敷中之町114

アクセス:JR山陰本線「丹波口」駅より徒歩15分

花街・島原にある置屋、輪違屋の軒灯。

輪違屋は太夫や芸妓を抱えていた由緒ある置屋。(芸を教える教養の場)

現在も日本で唯一の太夫を抱える揚屋兼置屋。門には「観覧謝絶」(一見さんお断り)の文字が。

創業は元禄年間(1688~1704年)
創業当初の屋号は「養花楼」と言ったそうです。

軒灯の紋は、屋号の由来にもなっている、赤い輪違い紋です。

滞在時間の目安:5分

 
 

【赤い輪違い紋とフォルムが印象的な軒灯り】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

パッと目に止まる軒明かり。

クラシカルなフォルムもおしゃれです。
赤い色の輪違いの紋もシンプルながらに目を引きます。

島原の雰囲気も合間って、幕末にスリップしたような感覚になります。

夜になるとさらにぐっと雰囲気がでるんだろうな~!

訪問日時:2017年12月16日 記:あやこ

 
 

文化財の名称:清凉寺 釈迦如来像

文化浴の種類:美術品文化財 彫刻

所在地:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46

アクセス:JR嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅から徒歩15分 阪急嵐山駅から徒歩30分

清凉寺のご本尊・釈迦如来像は日本製ではありません。
等身大の檀像はガンダーラ様式(大きな渦を巻く)頭髪、インドグプタ様式のサリーのような衣、三段に重なった裾など、日本の釈迦如来像とはかけ離れたエキゾチックな姿をしています。

それもそのはず。清凉寺釈迦如来像はインドからヒマラヤ山脈を越えて中国(宋)へと渡った像を、宋にて模刻したものであり、985年、東大寺の僧、奝然(ちょうねん)が日本に持ち帰った、三国伝来のものなのです。

そのミステリアスさは内にも秘めています。体内には五色のシルクで作られた五臓六腑が入っています。さらには耳や鼻の穴が内部空洞まで貫通していたり、口には歯が、脳にあたる部分には鏡が収納されているそうなのです。

つまり、仏像の姿をした千年前の人体模型ともいえるのです。
現在のところ、このような仏像はここ清凉寺の釈迦如来像のみです。

毎月8日の11時以降と、4、5、10、11月に特別公開されます。

滞在時間の目安:10分

 
 

【真っ直ぐに立つ美しさ】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

それは生々しさと幻想が共存する感じ。
仏像に、こんな気持ちを抱いたのは初めて。

決して艶めかしくない直立姿勢なのに、ピッタリと体にまとわりついた衣の流水文が、ボディラインをやわらかに感じさせてくれる。そして若さを感じさせるスレンダーさと肉付き。

幾つ?このお釈迦さんは幾つなの?という好奇心が湧いてきた。
御年37歳。悟りをひらかれたのが35歳といわれているので、それから間もなくの姿と思われる。

美しい。本当に美しい。
仏像を通して、人間の美しい姿を指し示して下さっているかのよう。

私は普段ウォーキングセラピストとして歩き方を指導させて頂いているのですが、ゆがんだ姿勢のまま歩きはじめると、足腰に多大な負担をかけることになります。まずは正しい立ち姿勢を保つことが大切です。

ヒトの体は、長軸が鉛直方向に一致した時、楽に正しく立つことができます。
骨格を上手く重ね、余分な力を上手く抜き、体の重さを上手く活かす姿勢。

あるがままに真っすぐに立つ清凉寺の釈迦如来像。
まさに立ち姿勢の手本です。
真正面で真似てみたら、全てが整いました!

訪問日時:2017年11月24日 記:ともえ

 
 

文化財の名称:堺町御門

文化浴の種類:文化的景観

所在地:京都府京都市上京区京都御苑

アクセス:地下鉄烏丸線丸太町から徒歩3分

丸太町通と堺町通に面する京都御苑南中央ゲート、堺町御門。
葵祭と時代祭の出入口でもあり、幕末期の八・一八の政変と禁門の変(蛤御門の変)の舞台です。当時は、この門を挟んで東に鷹司邸、西に九条邸が建っていました。

丸太町通は堀川丸太町に丸太の材木屋が多かったことから、そう呼ばれるようになったともいわれます。
堺町通は豊臣秀吉の京都改造によって誕生した通りで、その頃、この辺りは原と町の境だったことから、そう呼ばれるようになったといいます。

滞在時間の目安:10分

 
 

【フレームから見える世界】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

それはまるでフォトフレーム。
堺町通りを二条通辺りから、北へ北へずーっと歩むと見えて来るこの景色。
大きな御門のフレームからは、少しずつ色付きはじめた御所の木々を眺めることができます。

近づくほどに、目に映り込んでくる情景が変わり、何枚もの写真を鑑賞しているかのようにとても贅沢な時間を過ごすことができる場所です。

御門の間近で右へ左へと角度を変えて見てみると...
また違った見え方の発見があったり。

ただひたすらに直視するだけでなく、時には違う角度から物事を見ていくのも大切なのだと、気付かされた時間でもありました。

御門だけでこんなにも楽しめるなんて!
きっとわたしだけではないハズ。。

訪問日時:2017年11月 5日 記:あさみん

 
 

文化財の名称:天寧寺の額縁門

文化浴の種類:建造物文化財 寺院

所在地:京都市北区寺町通鞍馬口下る天寧寺門前町301

アクセス:市営地下鉄鞍馬口駅から徒歩10分

鞍馬口通から少し南の寺町通り沿いに、曹洞宗の寺院、天寧寺があります。
元は天台宗の寺院があった場所ゆえに、比叡山を一幅の絵のように見せる山門は「額縁門」と呼ばれています。

拝観寺院ではありませんが、山門から境内に入ると、左手に観音堂、その奥には表門と本堂、境内には四季折々の花が咲き、雄大さと繊細さが優しく広がります。

滞在時間の目安:5分

 
 

【囲い込む美 額縁の効果】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

美術館やカフェで良い絵だな~と思う絵は、よくよく観察すると、額縁が、絶妙に絵を引き立てていることが多い気がします。
額縁で絵の表情は確実に変わります。これを額縁効果というそうですが、囲われて見える景色が制限されることで、より集中し、期待感や高級感が高まるそうです。

ここ天寧寺の額縁門は、そんな額縁効果を最大に発揮している典型と思います。比叡山を囲み込むことで、こんなにも感動するとは!まるで比叡山を綺麗な玉手箱に納め、温かい掌から「さぁ、どうぞご覧あれ」って、差し出されているかのようなのです。

静かな住宅街に突如現る!景色のプレゼント。
あなたにも・・・さぁ、どうぞ♪

訪問日時:2017年4月 6日 記:ともえ

 
 

文化財の名称:金地院 弁天池

文化浴の種類:記念物 名勝

所在地:京都府京都市左京区南禅寺福地町86−12

アクセス:京都地下鉄蹴上駅から徒歩5分

南禅寺の塔頭(たっちゅう)のひとつ、金地院。

塔頭とは大寺院を守っている僧侶やその家族が住む私寺のこと。もとは高僧の没後、弟子が高僧の塔(=墓)の頭(ほとり)に小さな庵を建て、墓を守ったことに始まります。

金地院の中興の祖は、あの黒衣の宰相、以心崇伝。僧侶兼、徳川家康の参謀だった崇伝は、金地院に家康の遺髪と遺言を祀る東照宮を建て、京都から徳川家の安泰を祈る聖地にしました。寺の随所に、徳川家への想いが、デザインに表れています。

東照宮へ誘われるように、弁天池があります。因みに弁天とは、弁財天のこと。琵琶を弾く天女の姿で、美しい女性のことを意味します。

滞在時間の目安:10分

 
 

【雨の古都は、いと、うつくし。】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

「モネの睡蓮みたい!!」思わず感嘆!

拝観ルートの冒頭、明智門の向こうに広がる弁天池。
その日は雨。雨に濡れた弁天池が可愛らしく、しとやかに、お出迎え下さいました。

まるで琵琶のようにふっくらと円い池。弁天さんの愛らしい頬のように、ポッポと咲く睡蓮。

緑の色を繊細に感じてみたくなって、和の色辞典と照らし合わせてみる。
薄萌黄、萌黄、鶸萌黄、常盤色、青磁色・・・光や陰も相まって、多様な緑に包まれている幸せを実感。遠い昔、和色の名付け人の心にも、近づいた気がしたり♪

弁天池や緑に惚れ浸りながら、そのぐるりを時計回りに歩いて・・・気づけば東照宮へ誘われていました。

梅雨の京都は最高。名所でも空いているし、しとやかな美しさに浸れる季節ですもの♪

訪問日時:2017年6月 7日 記:ともえ

 
 

文化財の名称:キンシ正宗 堀野記念館の奥座敷

文化浴の種類:建造物文化財 民家

所在地:京都市中京区堺町通二条上ル亀屋町172

アクセス:京都市営地下鉄丸太町駅7番出口から徒歩約10分

酒造メーカー「キンシ正宗」の創業の場所、堀野記念館。

1781年創業。
この地で100年にわたり酒作りを営んでこられました。
現在は伏見の地に酒造拠点を移されていますが、創業以来の蔵元である堀野家はこの地を大切に維持保存され、1995年に酒屋の歴史と町家文化を伝えるため、一般公開を開始されました。(拝観料300円)

2階の奥座敷は、堀野家にとって大切な顧客をもてなすお部屋。
芸妓、舞妓も派遣され、舞いや歌が提供されていました。美しい彼女たちを引き立たせるために襖や欄干には一切の絵や彫刻が、施されていない点もこの部屋の特徴です。

滞在時間の目安:10分

 
 

【堀野記念館 名残を慈しむ奥座敷】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

キンシ正宗・堀野記念館2階の奥座敷。
薄暗い室内に当たる西日が、まるでスポットライトのように美しい。
この部屋の隣には、芸妓さんや舞妓さんが舞いを披露したという、鞘のように細長い鞘の間がある。

部屋はいたってシンプル。そして品がある。
舞妓さんたちの美しさを引き立たせるため部屋のつくりは端正でシンプル、これが当時の京町屋の美意識である・・・と。

当時の華やかな宴の名残りが、日暮れのぬくもりに漂うようでした。
窓辺の細い廊下もとても美しい。

静かに、そしてお行儀よく佇みたくなる、そんなお部屋でした。

訪問日時:2017年5月20日 記:あやこ

 
 

文化財の名称:善導寺 魅惑の龍宮門

文化浴の種類:建造物文化財 寺院

所在地:京都市中京区二条通木屋町東入ル東生州町533

アクセス:京阪電鉄三条駅より徒歩約15分

木屋町二条の東側にある浄土宗知恩院派のお寺、善導寺の山門は、特徴的な龍宮門。竜宮門というのは楼門の一種で、中国・明朝の建築様式を取り入れた1階部分が漆喰で塗り固められた台形になっている門を言います。

そう、あの浦島太郎の絵本に描かれている竜宮城の門です。

善導寺は正式には真光明院善導寺。
永禄年間(1558~1569)に六角堂付近に建立されましたが、天明八年(1788年)の大火によって焼失、その後第4旭誉上人が長谷川重兵衛の寄進を受けて現在の場所に再興しました。

滞在時間の目安:3分

 
 

【絵になる魅惑の龍宮門】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

コンパクトにしてスタイリッシュな存在感。
それでいて、アーチ型の通路がとても優しくて美しく魅惑的な善導寺の龍宮門。
街中にシュッと構えられています。
 
私はなにが好きかというと、やはりアーチ型の通路です!
まぁるいカーブがとても印象的で、向こうの景色がとても優しく映ります。
 
訪れた日は新緑が太陽に照らされて、キラキラととても美しかったです。
しばし見とれてしまいました。
 
異国情緒も感じられるこの美しい門。
美的センスが磨かれそうです。
 
境内にはなんとエステサロンもあるのだとか!

訪問日時:2017年5月20日 記:あやこ

 
 

文化財の名称:本満寺 金色の桜の下で

文化浴の種類:記念物 名勝

所在地:京都府京都市上京区寺町通今出川上る2丁目鶴山町16

アクセス:京阪出町柳駅から徒歩10分

私がこのお寺へ訪れた最初は、15年前頃。境内の奥はジャングルのようで玄関前にはトイレがドンとあり、その横には小屋があって人が住んでいました。

今年89歳を迎えられる住職伊丹栄彰貫主が平成10年に本満寺に晋山されてから、コツコツと自ら手間と時間をかけて、庭や墓地を整備されました。―すると、桜の存在が際立ちはじめ、プロの写真家やテレビが桜を取り上げ、今では早咲き桜の隠れ名所となりました。これは平成26年3月27日の様子。おそらく今年も、この一週間で見頃になることでしょう。

「桜が輝きだした。いや、元来持っていた輝きを私たちが感じ取れるようになったというべきでしょう。―嬉しいことに、桜の輝きに多くの方々が集いはじめました。子供からお年寄りまで。―そして、その美しさで皆が笑顔になって帰ってゆかれる。この桜の輝きが、私には眩しい金色の光に感じられるのです―」(貫主伊丹栄彰著 『紹継 金色の桜の下で』)

滞在時間の目安:10分

 
 

【本当の「美」に満たされる本満寺】

-こんな時に訪れてみよう!- (美に包まれたい)

ここは私にとって捨て置けない、深くて不思議なご縁のあるお寺。私の祖父母やそのまた先の、いつも計り知れない領域から私がこの世に存在している理由と生き方を、何らかのカタチで示唆してくれる・・・そんな偶然に偶然が重なる不思議なエピソードがあるのです。その話はまたどこかでするとして。

ユーモアたっぷりでお茶目な栄彰貫主が大好きです。何より住職には「美」の真髄を感じます。それは桜が咲いてない時でさえも、いつも。とにかく「美」にこだわりがある住職ですから、部屋の中も乱雑に置いたものは気になるそうです。それゆえに、庭のみならず、いつもご本人もお部屋もピシッと美しい。訪れるたびに年々「美しく」様変わりしてきた本満寺の桜とその境内には、住職の「心」と「手間」による、本当の「美」を感じずにはいられません。

訪問日時:2016年3月26日 記:ともえ

 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら