ブログ

 
 

京都文化浴大学では2019年4月の本格開講に向けて、

只今0期生で実験的な授業を開講しています♪♪

 

12月25日(火)午前は文化財社寺建造物美術修復に携わる

澤野道玄先生による「ひふみよいむなや」。

言葉の文化財について。

20181225blog1.jpg

言語のルーツを決めると言われている「数詞」。

日本の数詞は縄文前期には「1・2・4・8」しかなかった説を聞かせて頂きました。

これは「倍々数詞」「分配数詞」と言われます。

縄文後期になって「3・5・6・10」が加わった。

そして弥生時代になって「7・9」がおそらく高麗語から伝えられたのではないか。

7世紀以降「ひふみよいむなやこと」が完成したという。

これは周辺国にはない特徴だそうです。

20181225blog2.jpg

母音は「a u i」の3音だったものに、「o」が加わり、「e」は一番新しいとか。

子音もハ行ができたのは奈良時代で、それまでは「パ、バ」であったとも。

海人(あま)と呼ばれた倭人が各地に根拠地を持ち、海上輸送を専門にしたこと。

海人は稲作や金属製作技術の伝播、鉱山開発、農民の移住も担った。

そして安曇族や宗像族などの氏族になったという。

20181225blog3.jpg

日本文化の根源を新たな視点で見つめる良い機会になりました。

 

・・・受講生の声・・・

今まで日本語のルーツなど意識しなかった事柄で、興味深かった。

海人の活躍した地名など、身近にもかかわっていておもしろかったです。

 

わかりやすい説明でした。是非、これからも聞きたいです。

数の数え方から海人の言語、神社神さまのご先祖様がいろいろとわかった。

倍々数詞、海人族、たいへん興味深くおききしました。

 

初めて聞くお話でしたが、

その様な成立があることを知ることができ、

賢くなった気分です。

 

「はひふへほ」が一番新しいとはビックリ!

 

海人の役割がただの物流だけではなく、

技術や人を運び、日本のもともとだったのですね。

 

人と分け合うために数字が生まれたことは、

日本人のやさしさの表れと思い、嬉しくなりました。

 

どんどん深くなる話に引き込まれました。

神社の系統(系列)もレジメがあれば。

 

日本語のルーツは文字がなく

未熟なものだと思っておりましたが、

言魂というバックボーンがあり、

渡来人のテニヲハや英語の外来語を取り込み、

海人としての活躍に有効だったと思います。

 

海人とはwho?すごく興味があります。

道玄先生のお話、

古事記や日本書紀とは違う視点からで感激しました。

神戸の住吉神社は我が子のお宮参りの神社です。

由緒あるんだよと言えます。

 

大自然の力と意志が基本となり、更に発動調和する。

数の世界でも自然に活かされている事に感謝致します。

 

言葉の始まり、とても興味深かったです。

倭の国の起源を探りながら、

現代にも使われている数え歌が存在し・・・。

古代と現代との時空感覚を想像するのが楽しかったです。

 

ひふみよに意味があったとはオドロキ!

今年の夏にオーストラリアのカタジュタに行ったとき、

1、2はカタ、あとはたくさんの意味のジュタと聞き、

今日の講座もあわせて数詞に意味があるのにオドロキです。

 

20181225blog4.jpg

昼食はキャンパスプラザ京都前にある「銀ゆば」にて、

プチ忘年会&クリスマス会を行ないましたよ♪

 

☆2019年4月から第1期生が始まります☆

楽しく頼もしい0期生がいるから安心してご受講頂けます!!

心身の健康生活を目指して、一緒に文化浴をしませんか?

 

お仲間大募集!!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 
 
 

11月27日(火)、京都文化浴大学午後の授業は!

仏像ソムリエの小嶋一郎先生と「泉涌寺」へ。

20181211blog8.jpg

道中は三十三間堂のような有名寺院から小さな祠の解説まであり・・・

先生のわかりやすい解説にグイグイ引き込まれます!

 

最初のお寺、即成院では、なんと!!

20181211blog16.jpg

あの世(極楽)を体験して参りました。

あの世は撮影禁止でしたので、ここではお見せできませんが、

大きな阿弥陀如来と表情豊かな二十五菩薩楽団が

演奏会を催しながら極楽浄土へと導いて下さいました。

20181211blog10.jpg

中には大笑いしている菩薩さんもいらっしゃって。

つられてナチュラルキラー細胞がムクムク~!!

あの世はこわくない。(極楽へ行けた場合)

あの世へ行く日を楽しみに、善行を積むことを誓う体験でした。

 

20181211blog11.jpg

小嶋先生のお計らいで特別に副住職様が丁寧にご案内くださいました。

 

さらに特別に、毎年10月第三日曜日に行われる

二十五菩薩お練り法要のあのお面を!拝着させて頂きました。

20181211blog12.jpg

20181211blog13.jpg

そして御寺泉涌寺へ。

20181211blog15.jpg

表門から仏殿へと下る地形は珍しい。

落ち葉で明るく染まる秋のくだり参道、常緑との対比が美しい・・・

補うニュートラルな無彩色の仏殿へと吸い寄せられるように・・・

 

20181211blog14.jpg

泉涌寺では楊貴妃観音、そして仏殿の三如来像などに注目してまわりました。

仏像ソムリエ小嶋先生のとてもわかりやすい解説に

香しい仏に酔いしれる泉涌寺の文化浴のひと時。

小嶋先生、ありがとうございました!

 

0期生では実験的にこの学び舎を開催しています。

2019年4月から第1期生が始まります。

心身の健康生活を目指して、一緒に文化浴をしませんか?

お仲間大募集!!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

 
 
 

2018年12月11日(火)、京都文化浴大学開講日です♪

本日の教室は・・・

20181211blog1.jpg

京阪七条の酒屋さん「集酉楽サカタニ」のギャラリースペースです!

20181211blog2.jpg

キーンコーンカーンコーン♪

午前授業の先生は、NPO認知症予防ネット副理事長の中村都子先生。

認知症予防ゲームを説明頂き、楽しく体験させて頂きました。

20181211blog3.jpg

先生の話術が上手いから!色んなゲームをみんなで笑って楽しみました。

20181211blog4.jpg

色んなゲーム。そのすべては「デュアルタスク」。

「デュアルタスク」とは、同時に2つのことを行う「ながら動作」のこと。

「デュアルタスク」が認知症予防の最大の鍵だという中村先生。

20181211blog5.jpg

なんでも予防が大事!

早いうちから健康的な暮らしと社会的繋がり、

そして知的な刺激を受けることが大事ですって。

 

たとえ認知症になったとしても!

こわくない。みんなで支え合いましょう!と先生。

 

いつの間にかみんなと一緒に和やかに楽しく、大笑いしてしまうゲーム。

社会を元気にする認知症予防ゲームを楽しみながら、

みんなで支え合う関係を作れたら、いいですね!

中村都子先生、ありがとうございました♪

 

20181211blog6.jpg

本日のランチは「集酉楽サカタニ」のギャラリーにて自由食。

酒屋のオーナー酒谷さんは、地域活動に精力的。

7の付く日に七条大橋の清掃をしたり、毎月第1日曜日には朝粥会を催したり。

20181211blog7.jpg

そんな素晴らしいお話を聞かせていただきながら

本日のおススメ、ゆず酒をご披露頂いたり♪

できたて八海山の酒粕を出して下さったり♪

サカタニさん、楽しい時間をありがとうございました!

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 
 
 

11月27日(火)、京都文化浴大学午後の授業は!

前回の予備知識をもとに、吉田究先生がご案内。

「京都のはじまり‐平安京幻影散策2」!!

 

20181127blog3.jpg

平安京の起点でもある神泉苑をスタートして・・・

20181127blog14.jpg

午前授業をご担当下さった神泉苑前の「京こま雀休さん」のお店にも立ち寄って

20181127blog15.jpg

お店にはこんな変わり独楽がいっぱい!

京土産に最適です♪

20181127blog17.jpg

平安京の内裏や大内裏のあったエリアを巡り歩きました。

当時、どこに何が建っていた?!

20181127blog16.jpg

平安時代は、ここはこんな風景だったんですね・・・と、

iPadでバーチャル平安京のアプリを利用しながら丁寧に解説して下さる先生。

コインパーキングが朱雀門に早変わり!想像の翼が広がります♪

20181127blog20.jpg

今はゲストハウス、昔はお后のすまい。想像の翼が広がります♪

20181127blog18.jpg

紅葉が美しい季節でした。

20181127blog19.jpg

千年前と変わらない?清々しい秋晴れ・・・


今は0期生で半ば実験的にこの学び舎を開催しています!

2019年4月から第1期が始まります。

心身の健康生活を目指して、一緒に文化浴をしませんか?

仲間大募集!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

京こま体験

 2018/11/28 
 
 

キーンコーンカーンコーン♪

2018年11月27日(火)、午前10時。

京都文化浴大学開講日です♪

 

20181127blog2.jpg

午前授業は神泉苑のお二階で「京こま」体験をしました。

20181127blog1.jpg

京こま?

「こま」は知ってるけど、京こまって何?

20181127blog12.jpg

京こまは昔、公家の女性が着物の余り布を巻いて作り始めたものなのです。

彫って作るこまが多い中、巻き重ねて作る珍しいこまです。

20181127blog4.jpg

そんな京こまを唯一継承している雀休の中村佳之さんが本日の先生。

20181127blog5.jpg

実際に好きな色を選んで、作る体験もしてみました。

20181127blog6.jpg

実際に手先を使って、普段使わない感覚を研ぎ澄ませて・・・くるくるくるくる

巻き巻き♪弱すぎず、強すぎず♪巻き巻き・・・「巻く」は手仕事の原点だそう。

20181127blog8.jpg

最後の仕上げは先生がして下さって、綺麗に出来たらうれしいものです!!

20181127blog7.jpg

独楽なんて子供の遊び~なんて思っていましたが、うまく回ると嬉しいものですね!

20181127blog13.jpg

中村先生、楽しい時間をありがとうございました!

20181127blog9.jpg

お昼は菜ちゃんのお弁当。これがとっても旨~い♪

20181127blog10.jpg

こぼれる笑顔!

20181127blog11.jpg

(●^o^●)

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 
 
 

京都文化浴大学2018年11月13日(火)。

午後の授業は中世文学研究家の吉田究先生による

「京都のはじまり‐平安京幻影散策」。

 

20181113blog8.jpg

まさにあのあたりで・・・と、窓の外を指さし

かつての平安京の姿とその周辺の地理を

とてもわかりやすく解説していただきました。

大内裏は平安時代に14回も焼亡したそうな・・・

20181113blog4.jpg

平安朝の二人の快(怪)女にまつわる禁断の王朝史・・・

20181113blog6.jpg

宮廷の裏には様々な愛憎ドラマが繰り広げられたそうな・・・

続きは11月27日と12月25日の現地講座をお楽しみに~♪

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 
 
 

キンコンカンコ~ン♪キンコンカンコ~ン♪

京都文化浴大学、2018年11月13日(火)。

1時間目は御苑さんぽから始まりました。

 

20181113blog1.jpg

本日の舞台である御苑。実は・・・

昔むかし、多くの貴族が暮らす高級住宅街だったのです。

20181113blog3.jpg

20181113blog11.jpg

そんな昔に思いを馳せながら密かな紅葉スポットへ・・・

20181113blog12.jpg

歩く前には正しい靴の履き方や歩き方を学んで♪

20181113blog.jpg

楽しく歩くことを大切にする京都文化浴大学。

皆さんが一生元気に歩き続けられるように

足・靴・歩行の知識を毎回お届けいたします。

 

広々とした御苑を皆さんと歩くと

とても気持ちが良いの!

歩くって最高ですね~!!

 

さて、お散歩の後は元九条家の屋敷跡

「拾翠邸」を借り切って、貴族気分で授業開始です♪

20181113blog2.jpg

午前の授業のテーマは

「転ばぬ先の杖・身土不二の食体験」。

京都産安心、安全の食材提供に余念がないレストランルミエール。

20181113blog5.jpg

オーナーの佐野真由美先生から

大切な人のために今すべきことを教えて頂きました。

これから町歩きを始める私たちにとって大切な、

万が一の対応について。

救急車の呼び方まで学びました。

 

元医療相談員だった佐野先生ゆえの貴重な経験談。

それは他人事ではない、

いつ自分の身に起こってもおかしくない事例ばかり。

清らかで優しい口調の佐野先生ですが、

その奥には医療現場での様々なご経験から、

弱者を思う熱い心を感じました。

20181113blog7.jpg

昼食は佐野先生がご用意してくださった身土不二のお弁当。

身土不二とは

人と土(環境)は一体で、

人のいのちと健康は食べ物で支えられ、

食べ物は土(環境)が育てている。

という考え方だそうです。

 

というわけで本日は・・・無農薬野菜をふんだんに使った

身体に良い7品目を、秋の空気の中、味わいましたよ♪

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

西洞院と黒染体験

 2018/11/01 
 
 

キンコンカンコ~ン♪キンコンカンコ~ン♪

京都文化浴大学2018年10月23日(火)の1時間目の後は、昔ながらのレストランおおたやでランチを済ませ、中世文学研究家・吉田究先生の手描き古代地図で町歩きプチ講座を開いて頂きました。吉田先生!ありがとうござます!

予備知識を得たところで、3時間目は烏丸夷川通から四条西洞院付近まで町歩き♪そしてメインは馬場染工業さんでの『黒染体験』!

20181023大学_blog14.jpg

昔むかし、西洞院通には西洞院川という運河が流れていました。

 

20181023大学_blog5.jpg

戦国期には川の水を利用した紙漉き屋や染め屋が集まり、中でもあの宮本武蔵と戦った吉岡憲法が開発した「黒染」は革新的なものでした。

この地は平安時代末期に崇徳院(1119~1164)の御所があった所で「柳の水」という清泉が湧いています。 この水で染め上げるから馬場染工業の黒染は逸品です。

もちろん飲めます。軟水でとてもまろやか!吉田先生いわく、柳の水で淹れる珈琲はフワ~ッと気体のようだそうですよ~!

 

20181023大学_blog4.jpg

創業明治3年より代々受け継がれてきた馬場染工業の5代目当主馬場 麻紀さん。

http://www.black-silk.com/

 

20181023大学_blog1.jpg

馬場染工業さんではこの深い黒染め技術をお洋服の染め替えに転用され、とてもクールなリメイクが人気です!

http://www.black-silk.com/contents/somenaoshi/clothes/

 

IMG_9633.jpg

366日の誕生日ごとにふさわしい紋型をご用意くださっていて、皆それぞれ好きな紋とグッズを選び・・・

 

20181023大学_blog8.jpg

コツを教えて頂いたら・・・

 

IMG_9632.jpg

型をセットして・・・

 

20181023大学_blog16.jpg

染料を塗布します。失敗は許されない一発勝負!!

 

20181023大学_blog3.jpg

見事!!皆さん大成功!!

因みに私は・・・

 

粋!

IMG_9836.jpg

粋!個意ことばは粋!

こうして紋一つひとつに言葉を添えて下さるんですよ~

 

柳の水の詳しい歴史文化の専門家のお話を聞かせて頂いた後、本能寺跡や小野小町の屋敷跡などを巡って3時間目終了。馬場染工業の皆さん、ありがとうございました!!

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 
 
 

キーンコーンカーンコーン♪

2018年10月23日、午前10時。

スマートフォンからのチャイム(あらかじめ事務局長が仕込んでました!)と共に、京都文化浴大学の記念すべき第一回目の授業が始まりました。

1限目の講師・大阪YMCAの仲原成岳先生は、体格が良く健康的で元気!まさに体操のおにいさん。お話しもとてもわかりやすくて、少々緊張気味な学生さん達の心をすぐにほぐして下さいました。

20181023大学_181027_00011.jpg

まずお話し頂いたテーマは『今だから知っておきたい介護予防』。

「介護予防」って普段あまり聞き慣れない言葉ですが、健康的な生涯生活を送るにはやはり予防が大切だと、仲原先生。ここでいう予防というのは、将来介護でお世話になる事がないように単に何もしないのではなく、今元気だからこそできる健康習慣のこと。

出かける→人と会話をする→食欲増進→体力の維持実現→軽い運動ができる→足腰の強化

日常生活でこのような好循環サイクルが生まれてくるとGOOD!それが心身の健康へとつながります。またこのサイクルを習慣化させるには、地域との密接な関係が必要です。ボランティア活動やNPO法人、文化サロン等々...地域で活動している居場所があってこそ。そう考えるとこの大学運営の意義も大いにあるのではないかと、実感することができました。(仲原先生ありがとうございます!)

walking image.jpg

1ケ月に2回でも4年間京都の文化を浴びてのウォーキングを継続していくことで、心と身体の状態はきっと今以上に向上しているはず!学生の皆さんの4年後がとても楽しみです。

 

■介護予防のコツはコレ!

要介護の前段階を「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。進行すると介護が必要になるといわれています。

加齢による体力の変化を握力、脚筋力、閉眼片足立ち(バランス力)の3つの力でみたところ、20代を100%としてみたところ、60代の握力は80%程度に減少、脚筋力は50%、バランス力は30%以下という結果が。

20181023大学siryo_181027_.jpg

※「今だから知っておきたい介護予防」大阪YMCA資料より

つまり、加齢による体力の低下は、上肢よりも下肢の筋力やバランス能力の低下が著しいわけです。裏を返せば・・・足腰しっかりしていたら、大丈夫と言えるわけです。

20181023大学_181027_00031.jpg

講義の後に休憩をはさんで、ここで体操のおにいさん本領発揮!

初めましてやお久しぶりのお隣さんと向い合せで、「ハイ!」「イハ!」ゲームが始まりました。手を合わせて簡単に動かすだけのはずが、、、これがなかなか頭と手がついていかず思うようにいきません。それでも教室は終始笑い声につつまれ、あっという間にお隣さんとの距離も縮まりました。早くも生まれたクラスの一体感。すばらしい!この雰囲気づくりこそ仲原先生のねらいだったのかもしれません。

楽しいゲームに続いて行われたのは【ロコモ度判定】というもの。椅子に立ったりするだけで筋力の判定ができる簡単な測定です。

先生が教えて下さった、歩く上で大切な3つの筋肉、①太ももの付け根「腸腰筋」ちょうようきん②太ももの前「大腿四頭筋」だいたいしとうきん③お尻の横「中殿筋」ちゅうでんきん。この筋肉たちを実際に自分で感じることで、これから歩くにあたっての筋肉への意識も変わりました。

健康は足から・・・ですね!

 
 
 

2018年10月9日(火)、素晴らしい秋晴れの中・・・

京都文化浴大学の開校式・0期生入学式を行いました。

nyugakusiki3.jpg

会場は明治期のレトロな木造建築、旧三井下鴨別邸。

 

nyugakusiki9.jpg

祝辞を下さった伏見さん、熊澤さん、いつも支えて下さり、ありがとうございます。大きな支えです!

 

nyugakusiki7.jpg

門出に相応しい、素晴らしい記念講演「歩くこと、学ぶこと」をして下さいました吉田究先生。

 

発起人澤野の言葉足らずの思いを深く汲み取って頂き、重みのある式に高めて下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

nyugakusiki1.jpg

窓のむこうには麗しの庭園と、ハレの日にふさわしい空色が鮮やかに広がりました。

 

nyugakusiki6.jpg

講演の後は、100年の時を越えた非日常空間に目から鱗・・・

 

nyugakusiki5.jpg

美味にカラダがほころび・・・

 

nyugakusiki8.jpg

初めましてなのに何故か安らぎの絆を感じる・・・笑顔の時間。

 

nyugakusiki4.jpg

暫くここ最近、この日のために照準を合わせて生きてましたので、皆さんの笑顔に会えてほっとしました。嬉しかったです。

 

nyugakusiki2.jpg

入学生の皆さん、本当におめでとうございました。そして、これから、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

毎月第2、第4火曜日(10時~15時半頃)は京都文化浴大学です。京都文化浴大学は、京都のまちをキャンパスにして、文化を浴びながら歩いて、五感を解きほぐし・・・心身をすくすく健やかに育てる、おとなの学び舎です。

 

リタイア後の人生を豊かにされたいあなた。お気軽にいらして下さいね。随時、体験入学しています。

 

お待ち申し上げております!

http://bunkayoku.com/contact/

 

 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら