ブログ

 
 

11月27日(火)、京都文化浴大学午後の授業は!

前回の予備知識をもとに、吉田究先生がご案内。

「京都のはじまり‐平安京幻影散策2」!!

 

20181127blog3.jpg

平安京の起点でもある神泉苑をスタートして・・・

20181127blog14.jpg

午前授業をご担当下さった神泉苑前の「京こま雀休さん」のお店にも立ち寄って

20181127blog15.jpg

お店にはこんな変わり独楽がいっぱい!

京土産に最適です♪

20181127blog17.jpg

平安京の内裏や大内裏のあったエリアを巡り歩きました。

当時、どこに何が建っていた?!

20181127blog16.jpg

平安時代は、ここはこんな風景だったんですね・・・と、

iPadでバーチャル平安京のアプリを利用しながら丁寧に解説して下さる先生。

コインパーキングが朱雀門に早変わり!想像の翼が広がります♪

20181127blog20.jpg

今はゲストハウス、昔はお后のすまい。想像の翼が広がります♪

20181127blog18.jpg

紅葉が美しい季節でした。

20181127blog19.jpg

千年前と変わらない?清々しい秋晴れ・・・


今は0期生で半ば実験的にこの学び舎を開催しています!

2019年4月から第1期が始まります。

心身の健康生活を目指して、一緒に文化浴をしませんか?

仲間大募集!

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

京こま体験

 2018/11/28 
 
 

キーンコーンカーンコーン♪

2018年11月27日(火)、午前10時。

京都文化浴大学開講日です♪

 

20181127blog2.jpg

午前授業は神泉苑のお二階で「京こま」体験をしました。

20181127blog1.jpg

京こま?

「こま」は知ってるけど、京こまって何?

20181127blog12.jpg

京こまは昔、公家の女性が着物の余り布を巻いて作り始めたものなのです。

彫って作るこまが多い中、巻き重ねて作る珍しいこまです。

20181127blog4.jpg

そんな京こまを唯一継承している雀休の中村佳之さんが本日の先生。

20181127blog5.jpg

実際に好きな色を選んで、作る体験もしてみました。

20181127blog6.jpg

実際に手先を使って、普段使わない感覚を研ぎ澄ませて・・・くるくるくるくる

巻き巻き♪弱すぎず、強すぎず♪巻き巻き・・・「巻く」は手仕事の原点だそう。

20181127blog8.jpg

最後の仕上げは先生がして下さって、綺麗に出来たらうれしいものです!!

20181127blog7.jpg

独楽なんて子供の遊び~なんて思っていましたが、うまく回ると嬉しいものですね!

20181127blog13.jpg

中村先生、楽しい時間をありがとうございました!

20181127blog9.jpg

お昼は菜ちゃんのお弁当。これがとっても旨~い♪

20181127blog10.jpg

こぼれる笑顔!

20181127blog11.jpg

(●^o^●)

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 
 
 

京都文化浴大学2018年11月13日(火)。

午後の授業は中世文学研究家の吉田究先生による

「京都のはじまり‐平安京幻影散策」。

 

20181113blog8.jpg

まさにあのあたりで・・・と、窓の外を指さし

かつての平安京の姿とその周辺の地理を

とてもわかりやすく解説していただきました。

大内裏は平安時代に14回も焼亡したそうな・・・

20181113blog4.jpg

平安朝の二人の快(怪)女にまつわる禁断の王朝史・・・

20181113blog6.jpg

宮廷の裏には様々な愛憎ドラマが繰り広げられたそうな・・・

続きは11月27日と12月25日の現地講座をお楽しみに~♪

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 
 
 

キンコンカンコ~ン♪キンコンカンコ~ン♪

京都文化浴大学、2018年11月13日(火)。

1時間目は御苑さんぽから始まりました。

 

20181113blog1.jpg

本日の舞台である御苑。実は・・・

昔むかし、多くの貴族が暮らす高級住宅街だったのです。

20181113blog3.jpg

20181113blog11.jpg

そんな昔に思いを馳せながら密かな紅葉スポットへ・・・

20181113blog12.jpg

歩く前には正しい靴の履き方や歩き方を学んで♪

20181113blog.jpg

楽しく歩くことを大切にする京都文化浴大学。

皆さんが一生元気に歩き続けられるように

足・靴・歩行の知識を毎回お届けいたします。

 

広々とした御苑を皆さんと歩くと

とても気持ちが良いの!

歩くって最高ですね~!!

 

さて、お散歩の後は元九条家の屋敷跡

「拾翠邸」を借り切って、貴族気分で授業開始です♪

20181113blog2.jpg

午前の授業のテーマは

「転ばぬ先の杖・身土不二の食体験」。

京都産安心、安全の食材提供に余念がないレストランルミエール。

20181113blog5.jpg

オーナーの佐野真由美先生から

大切な人のために今すべきことを教えて頂きました。

これから町歩きを始める私たちにとって大切な、

万が一の対応について。

救急車の呼び方まで学びました。

 

元医療相談員だった佐野先生ゆえの貴重な経験談。

それは他人事ではない、

いつ自分の身に起こってもおかしくない事例ばかり。

清らかで優しい口調の佐野先生ですが、

その奥には医療現場での様々なご経験から、

弱者を思う熱い心を感じました。

20181113blog7.jpg

昼食は佐野先生がご用意してくださった身土不二のお弁当。

身土不二とは

人と土(環境)は一体で、

人のいのちと健康は食べ物で支えられ、

食べ物は土(環境)が育てている。

という考え方だそうです。

 

というわけで本日は・・・無農薬野菜をふんだんに使った

身体に良い7品目を、秋の空気の中、味わいましたよ♪

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

西洞院と黒染体験

 2018/11/01 
 
 

キンコンカンコ~ン♪キンコンカンコ~ン♪

京都文化浴大学2018年10月23日(火)の1時間目の後は、昔ながらのレストランおおたやでランチを済ませ、中世文学研究家・吉田究先生の手描き古代地図で町歩きプチ講座を開いて頂きました。吉田先生!ありがとうござます!

予備知識を得たところで、3時間目は烏丸夷川通から四条西洞院付近まで町歩き♪そしてメインは馬場染工業さんでの『黒染体験』!

20181023大学_blog14.jpg

昔むかし、西洞院通には西洞院川という運河が流れていました。

 

20181023大学_blog5.jpg

戦国期には川の水を利用した紙漉き屋や染め屋が集まり、中でもあの宮本武蔵と戦った吉岡憲法が開発した「黒染」は革新的なものでした。

この地は平安時代末期に崇徳院(1119~1164)の御所があった所で「柳の水」という清泉が湧いています。 この水で染め上げるから馬場染工業の黒染は逸品です。

もちろん飲めます。軟水でとてもまろやか!吉田先生いわく、柳の水で淹れる珈琲はフワ~ッと気体のようだそうですよ~!

 

20181023大学_blog4.jpg

創業明治3年より代々受け継がれてきた馬場染工業の5代目当主馬場 麻紀さん。

http://www.black-silk.com/

 

20181023大学_blog1.jpg

馬場染工業さんではこの深い黒染め技術をお洋服の染め替えに転用され、とてもクールなリメイクが人気です!

http://www.black-silk.com/contents/somenaoshi/clothes/

 

IMG_9633.jpg

366日の誕生日ごとにふさわしい紋型をご用意くださっていて、皆それぞれ好きな紋とグッズを選び・・・

 

20181023大学_blog8.jpg

コツを教えて頂いたら・・・

 

IMG_9632.jpg

型をセットして・・・

 

20181023大学_blog16.jpg

染料を塗布します。失敗は許されない一発勝負!!

 

20181023大学_blog3.jpg

見事!!皆さん大成功!!

因みに私は・・・

 

粋!

IMG_9836.jpg

粋!個意ことばは粋!

こうして紋一つひとつに言葉を添えて下さるんですよ~

 

柳の水の詳しい歴史文化の専門家のお話を聞かせて頂いた後、本能寺跡や小野小町の屋敷跡などを巡って3時間目終了。馬場染工業の皆さん、ありがとうございました!!

 

京都文化浴大学2019年4月開講・1期生只今募集中♪

詳細はこちら

↓↓↓・↓↓↓・↓↓↓

https://bunkayoku.studio.design/

 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら