ブログ

 
 

** 文化浴の森 情報便 **

平成30年3月24日(土)第53号

 

* 思わず行ってみたくなる♪文化浴情報

まだらぼけは美しい!! それは、時を重ねたからこそ出せる美しさ!

http://bunkayoku.com/point/2018/03/post-74.html

 

* 身も心もイキイキ!文化浴&ウォーキングコラム

激しい三寒四温を経て、あっという間に桜が開花して参りましたね!

色々と始まりが多い春。 さて今日は、私が今からはじめることを告知させて下さい♪

 

◆文化浴紙芝居ツアー

国を越え・・・時空を越え・・・心を込めて!! あなたに贈る完全英語版 紙芝居エンターテイメントツアーはじまる♪

本日、3月24日(土)から毎週(土)(日)公開!

京都駅前巨大至宝・東本願寺とその門前町は、ガイドブックでは知り得ない、見どころが満載!

紙芝居ショーあり! 文化財観光あり! 門前町巡りあり!

思いがけない出会いに溢れる京都駅前90分!

 

◆ 物語

数万人の魂が全力で揺れた― 実話に基づく、東本願寺再建の物語―

伝統の隠れキャラクターたちの優しいメッセージから、幕が開く。

そして今から百数十年前、大堂再建に尽力した人々のドラマを、一枚一枚手描きで、丹精込めて仕上げた絵画で贈る。

生きる意味を求め、知恵を出し、力を出し、喜び、悲しみ、苦しみ・・・希望を胸に、心を1つにして再建された、東本願寺。

どうかあなたの目で、あなたの心で、何かを感じてほしい。

 

◆ 解説

京都駅から徒歩5分、東本願寺前。 ここにはいつも女将を筆頭に、明るい女性スタッフの笑顔で出迎えてくれる宿がある。

伝統美の木造空間、昔心を大切にした心和む宿、北海館お花坊だ。

 

この度、女将の力添えのもと、誰もがわかりやすく、楽しく、文化財を解説できるツールとして、文化浴の森が紙芝居を制作。

本ツアーでは、北海館お花坊にて、事前に東本願寺の見どころを紙芝居鑑賞で知って頂く。

紙芝居鑑賞後は東本願寺観光へ。その後は門前町をエスコート。

門前町には知らなければ通り過ぎてしまうような・・・初めてでは入りにくいような・・・数珠屋、扇子屋、表具屋、豆腐屋、そして酒屋、寿司屋、蝋燭屋がある。

そこには悠久の歴史の中で、地元民に愛され、醸成されてきた伝統の技と心があって・・・

知れば知るほど、素晴らしい商品と個性あふれる店主たちがあなたを出迎える。

 

また、紙芝居のパフォーマー兼、東本願寺と門前町のガイド役を務めるのは、京都市が認める通訳ガイド・京都市ビジターズホスト。魅力たっぷりな彼女たちが味わい深い旅へとあなたを誘う。

世界中から多くの人が訪れる今この時こそ、笑いを交えて和やかに、心通わせ伝えたいものが、ここには溢れている。

 

◆ こんな方へ

海外旅行者に交じって英語に触れてみたい。 京都駅前の観光を楽しみたい。   文化財に感動したい。 ローカルな町歩きを楽しみたい。 紙芝居を見てみたい~。

そんな方、ぜひ! 楽しみがてらに、私たちを応援しに来てください。

英語がわからなくてもOK!

日本語解説文もありますし、

それに、心で楽しめますから!

 

◆ ツアー詳細

開催:毎週(土)(日)

集合: 9:50 開催:10:00 解散:11:30頃

場所:北海館お花坊 http://www.ohanabo.com/access/

料金:大人1,500円 子供1,000円 (4歳以上12歳以下。2歳未満は無料)

 

*参加ご希望の方は、朝9:50にお花坊へお越しください。

*ご予約は不要ですが、メルマガをお読みの方は、澤野まで一言お声掛け下さい!

*お問い合わせは・・・こちら

もしくは、TEL:075-371-3688(北海館お花坊)

 

*...*...*...*...*...*

どんなことでもOKです!一文でも♪貴方からのメールをお待ちしていま~す(^O^)

*...*...*...*...*...*

◇ 発行・編集:(一社)文化浴の森 澤野ともえ

 

毎週土曜の朝は!文化浴の森情報便.:*:'゜♪ .:*:'゜☆.:*:'゜

3分ほどで読める無料メルマガ「文化浴の森 情報便」

京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

文化浴&ウォーキングセラピーの情報ミストを浴びて.:*:'心身健康な週末をお過ごしくださいね。

無料メルマガについて詳しくはこちら

 

メルマガ「文化浴の森情報便」最新情報をお送りします!

文化浴の森のメールマガジン『文化浴の森 情報便』は、京都の奥深い文化に触れてみたい!一生美しく元気に歩き続けたい!そんな健康に前向きで、京都が好きな人のためのメールマガジンです。

 無料メルマガについて詳しくはこちら